大阪・北浜で愛されたサンドイッチ喫茶店、42年の歴史に幕

2020.6.7 20:15

「BLTサンドセット」(ドリンク付き850円)。ベーコン、トマト、レタスがたっぷりの人気メニュー。写真のドリンクはウインナコーヒー。テイクアウトも可能

(写真7枚)

大阪のオフィス街・北浜で、サンドイッチ喫茶の先駆け的存在として愛されてきた「蝸牛庵(かぎゅうあん)」(大阪市中央区)。6月30日で42年間の歴史に幕を下ろし閉店する。

店が入るビルの建て替えをきっかけに、3月ごろに閉店を決めたという庵主の橋本元明さん。長年、昼時には相席必至となる人気店だけに、閉店を知った客が「密」にならないよう発表したのは6月に入ってから。閉店を惜しむ反響は予想以上で、SNSでは過去最多の「いいね」がついたという。

「うちは必要以上にお客さまと喋る接客はしてこなかった。でも、良いお客さまに恵まれて『良いお店』と言われたときが1番うれしい。常連さんの注文は『いつもの』という言葉も要らず、世間話をしながらアイコンタクトだけで通じ合えました」と、客への感謝を語る橋本さん。42年間、定休日と盆正月以外は一度も休まず、親の葬儀も定休日まで延ばして店を守り続けてきた。

「良いお客様に恵まれました」と感謝の気持ちを伝える、庵主の橋本元明さん

昭和53年の創業以来、北浜の街と歴史を歩んできた同店。当初はコーヒー専門店で4種だったサンドイッチが、客層の変化に合わせ、現在の24種に増えたのもオフィス街ならでは。バブル崩壊前は、活気ある証券会社などの男性客が9割だったが、時代の流れで禁煙にしてからは軽食を楽しむ女性客が9割に。

また、江戸時代から「薬のまち」として知られ現在も多くの製薬会社が並ぶ道修町の近くでもあり、年々会議での配達サービスの需要が高まったという。元々サンドイッチが好きだった橋本さんは、お得意先からアドバイスをもらったり、客の好みに応えながらメニューを増やし、ベーコンの食べ応えが人気の「BLTサンド」をはじめ、日々リピーターに愛される味を生み出していった。

花に囲まれ、長年オフィス街・北浜のオアシス的な存在だった「蝸牛庵」

今後の飲食業界を鑑みて、閉店後の予定は未定というが、橋本さんは「100%楽しみながら終わりたい。いつか『蝸牛庵』の文字とサンドイッチを見かけたら声をかけてください」と笑顔で話す。

現在は、コロナ禍の影響でテイクアウトの客も増え、6月30日の閉店まで限定500箱で対応、店内飲食はアルコール消毒や客同士の距離に配慮しながら通常営業を続ける。営業は10時半~18時(土曜は11時~14時)、日祝休。

取材・写真/塩屋薫

「蝸牛庵」

住所:大阪市中央区平野町2-5-1
営業:10:30~18:00(LO17:30)、土曜11:00~14:00(LO13:30)※日祝休、テイクアウト受付は8:00~16:30
電話:06-6222-4511

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本