ウラなんばの活性化狙う、ユーモアあふれる「ステッカー」

2020.5.20 20:45

界隈の店舗が参加するイベント「ウラナンバ文化祭」のイメージカラーを踏襲

(写真5枚)

外出自粛生活が続き、次々とテイクアウトやデリバリーを開始する飲食店も激増。大阪屈指の飲食店街である「ウラなんば」も同様で、店頭にはデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」のステッカーが・・・と思いきや、よく見れば「UraNambar Eats(ウラナンバーイーツ)」の文字。

それには、「テイクアウトやってます」「デリバリーやってます」とチェックが入れられるようになっており、ひと目でそのお店のサービスが分かる仕立てに。発案したのは、雑誌ライターでもあり、ウラなんばの『カオ』とも言える界隈飲食店の常連客である松本賢志さんだ。

これまで人気イベント『ウラなんば文化祭』『愛酒でいと』などの企画デザインなどを手がけており、「大好きな街の店主さんたちの姿から、どうしていこうという不安がひしひしと伝わってきて。何かできないかと考えたときに、そんな緊張の糸をちょっとだけ緩めて、一瞬でも『何やってるねん!』とホッとしてもらえるものを」と、実用的かつ、パロディ版のステッカーを作成したのだそう。

それを知ったウラなんばの名付け親であり、「たゆたゆ」「STAND BB」など界隈に5店舗を構える「川端屋商店」オーナーの川端友二さんが「飲食業界にとって厳しい状況やけど、少しでも楽しんで」と、界隈の飲食店に配布。次々と居酒屋やバルなどの店頭に貼付されている。

また、ステッカーには#togouranmbaのハッシュタグもプリントされており、各店舗がSNSでメニューを発信する際に利用。スペアリブ、ガパオライス、串揚げなど、飲み屋気分が自宅でも満喫できるメニューなど、さまざまなメニューを確認することができる。

ほかにも、休業&テイクアウト情報を網羅したツイッターアカウントを立ち上がるなど、気軽に飲みに行けないからこそ、常連客による街支援が盛り上がっている。

取材・文/Meets Regional編集室

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本