まるで劇団員とリモート飲み会、ヨーロッパ企画が生配信

2020.4.22 20:30

YouTube Live 「ヨーロッパ企画の生配信」の第1回『集まれる人集合! フレンチトーストを食べる会 』より

(写真6枚)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、舞台公演が中止・延期となるケースがあいつぐ一方、動画配信で作品や娯楽を発信する演劇人が急増中。京都の劇団・ヨーロッパ企画も、You Tube Live『ヨーロッパ企画の生配信』を4月20日から開始した。

第1回目の配信は、劇団員たちが自分で焼いたフレンチトーストを食べながらおしゃべりする「フレンチトーストを食べる会」。この企画を始めた理由を劇団代表の上田誠に訊ねると、「なんだか集まれる場所があるといいなあと思ったのと、リモート(生配信)の練習で」という。

当日は上田を含めた9名が、互いのフレンチトーストを見せ合いながら「ZOOM」を使ってトーク。中川晴樹のトーストに「厚揚げですか?」などのツッコミが一斉に入ったり、テレビ番組『所さんの目がテン!』でも発明王ぶりを発揮する酒井善史がメカニカルなアマビエ像を披露するなど、30分の予定だった配信時間を大幅に超えて盛り上がった。

これらのやり取りは、ツイッターでも「トークイベントみたいで癒やされる」「一緒にリモート呑みしてるみたい」と好評。上田も「中川さんだけ変な物を食べていたり、酒井君が(フレンチトーストに)リンゴのキャラメリゼを添えていて、何だこいつと思いましたが、一緒に楽しんでくださった方も多く、うれしく思います。家からなので大したことはできませんが、これぐらいなら続けられそうです」と、手応えを感じたよう。

今後も、上田が脚本を担当するドラマ『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系列)をみんなで一緒に見たり(5/5)、劇団初の長編映画『ドロステのはてで僕ら』予習会(5/6)などの企画が待機。上田からは「いつまで続くかわからないこの状況ですが、(自粛が)伸びれば伸びるほど、いろいろやって行けたら。まずはシーズン1、シーズン2みたいな感じで、ゆるやかにお楽しみください。今夜も、集まれる人で集まりましょう」とメッセージが送られた。

『ヨーロッパ企画の生配信』は、4月20日~24日と、5月1日~6日の計11回。You Tube内の「ヨーロッパ企画 公式チャンネル」で、22時~22時半頃まで生配信予定。過去の配信も、同チャンネル内で視聴可能。

取材・文/吉永美和子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本