新型コロナでキャンセル相次ぎ、神戸のクルーズ会社が一時運休

2020.3.2 13:00

夜の「ルミナス神戸2」船体

(写真2枚)

レストランクルーズ事業を営む「ルミナスクルーズ」(神戸市中央区)が、2日に神戸地裁に民事再生手続き開始を申し立て受理された。

新型コロナウイルスの影響で、1月以降多数のキャンセルが出たことが原因という。ルミナスクルーズ社は、定員1000名の国内最大級のレストラン船で「ルミナス神戸2」を運行。明石海峡大橋を通過航路とするランチクルーズやサンセットクルーズ、ディナークルーズなどさまざまななクルーズで食事ができ、神戸の港町の美しい風景、海の神戸観光を楽しめると人気だった。

「ルミナス神戸2」は3月2日より一時運休。「神戸コンチェルト」で代替クルージングをおこなうとしている。詳細は公式サイトにて。帝国データバンクによると負債額は約12億4300万円。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本