森田まりこ「私のひざはゴリラのまんま」
2019.9.9 16:00

公演中のひざの負傷で昨年12月から手術・リハビリに励んでいた森田まりこが、9月6日に復帰。公演後の取材会で、今回の手術で意外な事実が発覚したと明かした。

ゴリラギャグを披露する森田まりこ(左)と座長・酒井藍
ゴリラギャグを披露する森田まりこ(左)と座長・酒井藍画像一覧

ダンスの着地に失敗し、「左膝前十字靱帯断裂」「左膝内外側半月板損傷」と診断された森田。「診察で分かったのですが、現代人のひざの半月板はお皿の真ん中に穴が空いていて、ドーナツ状らしいのですが、私の半月板は穴が空いてなくてお皿の状態。進化していない、ゴリラのまんまみたいです!」と得意のゴリラギャグも披露し、元気をアピールした。

また学生時代にダンス部だった森田は、「現役のころにやっていたカッコつけるダンスでターンしたときに、左足をねじり切りました」と怪我をした状況を説明。「いつまでも現役生の気持ちだったんですけど、気がついたらそれは20年前でした」と反省した。

するとプライベートでも仲が良い酒井藍が、「まりこ姉さんは過去にすがりついているところがある」と指摘。「その20年前の大学時代の元カレのことを、つい最近まで付き合っていたくらいのトーンで話すんですよ」と酒井から暴露されるた森田は、「そういえば今日は元カレの誕生日です!」と鮮度高めに語り、周囲からあきれられた。

取材・文・写真/岩本

  • facebook
  • twitter
  • はてブ