尼崎城に青い手!? 現代アートの芸術祭
2019.8.24 5:00

阪神尼崎駅周辺を舞台にした芸術祭が、8月23日に開幕。26日までの4日間、尼崎城や寺社、商店街など9カ所で、現代アート作品14点と大道芸などのパフォーマンスが楽しめる。

「尼崎城」での展示は久保寛子『やさしい手』。仏像を思わせる繊細な表情の手が、水面をやさしくタッチする画像一覧

本芸術祭は、阪神なんば線の開通10周年を記念しておこなわれるもの。2010年より六甲山上の各施設で展開される『六甲ミーツ・アート 芸術散歩』(2019年は9月13日〜)で実績を持つ気鋭の作家や、尼崎にゆかりのあるアーティストが作品を展示する。尼崎駅に着いたら、まずは北口広場の「あまがさき観光案内所」で、会場マップ(スタンプラリーの台紙を兼ねる)を入手しよう。このマップがあれば効率よく展示を楽しめる。

「三和市場」で展示されるのは、栗真由美『build crowd』。商店街に吊されたランタンの表面は、尼崎で取材した商店の画像画像一覧

作品は、尼崎城に設置された久保寛子『やさしい手』や、三和市場の栗真由美『builds crowd』など、ビジュアル的インパクトがあり、大人から子どもまで年齢を問わず楽しめる。落ち着いた寺社からにぎやかな商店街まで、風景が次々と変化するのも興味深い。コース途中の「開明中公園」には地元の専門学生によるカフェがあり、後半は商店街を通るため、疲れたときのひと休みにも困ることはない。2時間あれば全作品が見られる。

「あまがさき観光案内所」では毎日先着1000名に兵庫県限定「おーいお茶」特別ボトル(伊藤園)をプレゼント、尼崎城で会場マップを提示すれば入場料が割引され、会場となる3つの寺社では、開催期間限定の御朱印を発行する。手軽な週末のお出かけにぴったりだ。

取材・文/小吹隆文(美術ライター)

『阪神なんば線ミーツ・アート in あまがさき Produced by 六甲ミーツ・アート 芸術散歩』

期間:2019年8月23日(金)~26日(月)
時間:9:00~18:00 ※雨天決行、荒天中止
会場:阪神尼崎駅周辺(あまがさき観光案内所、尼崎中央公園、尼崎城、開明中公園、大覚寺、貴布禰神社、三和市場、尼崎えびす神社、阪神尼崎駅構内)
料金:無料
電話:06-6457-2222(阪神電車 運輸部 営業課/9:00~17:00、土日除く)
URL:https://www.hanshin.co.jp/nambaline_10th/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ