真飛聖「肉体美がアスリートみたい」

2019.7.30 07:00

「シンプルな姿で表現することで、想像力をかきたてる振り付け。ひとりひとりの表情も素晴らしい」と語る真飛

(写真7枚)

宝塚歌劇団・花組の元トップスターで、女優として活躍する真飛聖(まとぶせい)が、ドイツが本拠地のバレエカンパニー「バレエ・アム・ライン」の初来日公演についての魅力を語った。

同カンパニーの来日公演アンバサダーとして、ドイツのデュッセルドルフで取材をおこなった真飛。自身も幼少の頃からバレエを習っていた経験から、「私にとっては衝撃でした。当たり前のように思っていたことが当たり前でなく、(今回の来日公演の)『白鳥の湖』のこの曲でこんなに違う表現ができるだなんて」と、驚いたことを告白。

世界的にも有名な芸術監督・振付家のマーティン・シュレップァーが率いる同バレエ団。シュレップァーが就任してから劇的な変化を遂げ、今や21世紀のバレエ芸術のパイオニアと称されている。

その彼らによる『白鳥の湖』は、衣裳や舞台芸術を極力シンプルに、これまでと全く違う世界観を生み出し、世界的にも話題の公演となっている。

バレエ・アム・ラインによる『白鳥の湖』Photos: Gert Weigelt
バレエ・アム・ラインによる『白鳥の湖』Photos: Gert Weigelt

「バレエって華奢で折れてしまいそうな体型を想像するかもしれないのですが、彼らは時として裸足で踊ったり、アクロバティックに表現しているので、肉体美がアスリートみたい。バレリーナの方でこんなにも筋肉が付いているのは私は初めて観ました。すばらしかったですね」と、惚れ惚れした様子だった。

ドイツでの取材の様子は、特番『恋するバレエ~真飛聖 ~魅惑のドイツ旅~』(関西テレビ)で8月4日・朝5時15分から放送。また、関西での公演は9月28日に「兵庫県立芸術文化センター」でおこなわれる。料金は25000円~8000円。

『恋するバレエ~真飛聖 ~魅惑のドイツ旅~』

バレエ・アム・ライン『白鳥の湖』
日時:2019年9月28日(土)・15:00開演
会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
料金:S席20000円、A席17000円、B席14000円、C席11000円、D席8000円、SS席25000円
電話:0570-200-888(キョードーインフォメーション)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本