十三ファンダンゴ、32年の歴史に幕

2019.7.31 17:00
(写真7枚)

「堺でも、地元の人たちと一緒に作っていく場所にしたい」

──そんなこれまでに培ってきたポリシーの良い部分は継承しながら(笑)、10月からは堺市に移転して、村上さんが新店長の新生「ファンダンゴ」(堺市堺区)の営業が始まるわけですが。

村上「10月1日のこけら落とし(GOOD4NOTHING、Hawaiian6、LOSTAGEが出演)から、移転月間のスケジュールはほぼ埋まってきていて、そこから年内はいろいろとやりながら十三で出会った人たちにも堺に来てほしいし、何よりも堺の人たちに面白い遊び場ができたなということを認知してもらって、自分たちもココに出演して発信していきたいと思ってもらえる場所にしたいですね。単なる貸しバコじゃなくて」

加藤「地元の人たちと一緒に作っていく場所にしたいですからね」

村上「来てくれた地元の人には、こんなアーティストを呼んでくださいよということも言ってほしいですし、オレらはこんなことをやっているという新しい出会いも楽しみにしていますし。自分たちだけで構えて作っていくよりも、地元の人からむしろ背中を押されてああせい、こうせいと言われながら作っていく方がうれしいし、どんだけスケジュールが詰まっていて人が来るとなっても、周りから煙たがられる場所になってしまったら危ういですから。そうして仲良くなっておけば、夜にライブの打ち上げで周りのお店に呑みに行ってちょっと騒いでしまっても、怒られへんかなと(笑)」

加藤「そこは味方しかおらんようにしとかなアカンな(笑)。こっちでもさんざん怒られたので・・・。十三のときと一緒で、街の一員になって、街の人たちに喜んでもらえる場所にしていきたいですね」

「堺のファンダンゴも、地元の人と一緒に作っていきたい」と意気込む新店長の村上さん(左)と、加藤さん

そして、ライブハウスとしての営業を終えた8月2日と3日には、『十三FANDANGO~end roll~』と題して、入場無料(要ドリンク注文)で記念撮影用にステージ/楽屋/階段などを開放。ライブ写真展示や来場者全員にバックステージパス(ステッカー)のプレゼントなどもおこないながら最後のバー営業を開催する予定だそう。

特に、普段は足を踏み入れることができない楽屋では、32年の間に出演したバンドたちが記念に壁に書き残していった膨大な数のバンド名の落書きも眺めることができ、それが何よりもファンダンゴの歴史の深さを物語る『遺産』となっている。最近はちょっとご無沙汰だったという方も、ぜひ懐かしい記憶を呼び起こすために足を運んでみてほしい。

歴代の出演アーティストの落書きで埋め尽くされた楽屋

『十三FANDANGO~end roll~』
日程:2019年8月2日(金)・3日(土)
時間:2日=17:00〜23:00、3日=13:00〜21:00
場所:十三ファンダンゴ(大阪市淀川区十三本町1-17)
料金:入場無料((要ドリンク注文)

『FANDANGO 移転記念「SAIKAI THE SAKAI #1」』
日時:2019年10月1日(火)・19:00〜
会場:堺ファンダンゴ(大阪府堺市堺区戎島町5-3)
料金:前売3000円、当日3500円

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本