ネットで完売、京老舗の新作アイスバー
2019.7.14 15:00

江戸時代創業の老舗「伊藤久右衛門」(本社:京都府宇治市)から、「抹茶パフェ」をアレンジした夏の新作アイスバーが7月10日から登場。発売されるやいなや、オンラインストアの初回入荷分が完売となった。

色鮮やかなフルーツがトッピングされた、5種類のアイスバー画像一覧

同店の定番メニューの「抹茶パフェ」をアイスバーで再現した「まっちゃ」は、粒あんやミニ大福、抹茶生チョコレートなど、パフェと同じ具材をトッピング。パフェがそのままアイスバーに変身したようなビジュアルで、SNS上では「映えに徹したアイスバー」「めっちゃかわいいー!」などの声が上がっている。

ほかにも、「さくら」や「いちご」、「とろぴかる」など、過去に発売された季節限定パフェがアイスバーとして復活(全5種類)。価格は540円〜。現在は「宇治本店」のほか、「JR宇治駅前店」、「京都駅前店」などで販売中で、オンラインストアでも次回入荷分(7月23日以降着)の予約を受け付けている。

  • facebook
  • twitter
  • はてブ