京都に、中国茶アフタヌーンティー専門店

2019.6.28 11:00

コースの最後に登場する、中国茶と茶菓子の盛り合わせ(内容は季節によって変動)

(写真8枚)

中国茶と点心によるアフタヌーンティーを楽しめるティーサロン「閑是(かんぜ)」が、6月26日オープン。すでに7月の予約がほぼ満席となっており、お茶好きやグルメな人々から注目を集めるお店となりそうだ。

こちらを手掛けるのは、京都市左京区で予約制の中国茶会「銀月サロン」をおこなう中国茶ソムリエの高田小絵子さん。中国で専門的にお茶を学んだ後、最上級の茶葉を現地で買い付けているため、名レストランでお茶の監修を依頼されたり、ホテルや百貨店などの催事でも人気を集める存在となっている。

「もっと中国茶のおいしさを楽しんでもらえたら。ゆっくりと静かな環境で味わっていただきたくコース形式となっています」と、高田さん。メニューは薬膳の考えを取り入れた「オリエンタルアフタヌーンティー」(5500円・税別)のみ。野菜が主役の前菜からはじまり、スープ、小籠包などの点心、茶がゆ、スタンドに並べられたドライフルーツや焼き菓子のセットが登場する。

写真左から、野菜を使った前菜。小籠包を含む3種の点心
写真左から、野菜を使った前菜。小籠包を含む3種の点心

食事メニューは1日かけて氷出しした中国・武夷山のお茶とともに、スイーツのときは「台湾凍頂烏龍茶」「白茶白牡丹」など9種から選ぶことができる(内容は季節によって変動)。陶器の皿は京都の人気陶芸家・東一仁さん、木製の器は「越前漆芸やまよ」がオリジナルで手掛け、上質なひとときを演出してくれる。

今後は火鍋の会などのイベントもおこなっていくとのこと。場所は地下鉄丸太町駅から徒歩約3分、夷川通室町北西角。ネットでの完全予約制(1カ月前から可)で、営業は11時~18時。

写真/高須和子

「閑是-KAN/ZE Muromachi-」

2019年6月26日(水)オープン
住所:京都市中京区鏡屋町51 夷川通室町北西角
営業:11:00~18:00・火水&不定休
メール:kanzeteahouse@gmail.com

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本