奈良・春日大社の鼉太鼓に国宝の数々展示
2019.4.30 6:00

鎌倉時代から伝わる『鼉太鼓<Da-Daiko>』展が「春日大社国宝殿」(奈良市春日野町)で、9月1日までおこなわれている。昭和51年まで用いられてきた「鼉太鼓」(重要文化財)を中心に、舞楽面や楽器、武具などが紹介されている。

約4年の修理を終えて春日大社国宝殿に鎮座する「鼉太鼓」。ほの明るい空間に並び立つ堂々とした姿は荘厳と言うしかない画像一覧

鼉太鼓は屋外の舞楽演奏に用いる左右一対の太鼓で、春日大社のものは総高6メートル58センチ、総重量1434キロ(台座を含む)と日本最大級の威容を誇る。源頼朝寄進の伝承が残る鎌倉時代の作で、約800年にわたり春日大社、興福寺、東大寺で用いられてきた。2015年4月から約4年に及ぶ本格修理がおこなわれ、X線調査の結果、平家の南都焼き討ちからの南都復興に携わった一流仏師の作(おそらく慶派)とみて大過ないことが認められた。

こちらは現在用いられている「鼉太鼓」。金銀極彩色の姿が美しい。鎌倉時代のものと見比べるべし画像一覧

展示室に設置された鼉太鼓は、暗色の背景や抑えた照明も手伝って、一種荘厳な雰囲気。火炎宝珠と龍、鳳凰の彫刻が圧倒的な躍動感を放っており、見事というしかない。今回の修理では現状を重視したが、かつては金銀極彩色に着色されていた。その姿は同館1階に展示されている現在の鼉太鼓で確認できるので、新旧の2対を見くらべるのも一興だ。

また本展では、平安時代から江戸時代の舞楽面(重要文化財が多数)、平安時代の琴、笙(いずれも国宝)なども紹介。別室では「アート・オブ・サムライ」と題して、「黒韋威矢筈札胴丸」(国宝)をはじめとする刀剣、小具足、馬具も展示されている。料金は一般500円。

取材・文/小吹隆文(美術ライター)

『鼉太鼓<Da-daiko>-超迫力の鎌倉彫刻、復活した世界最大級の太鼓-』

期間:2019年4月1日(月)〜9月1日(日)※6/12休
時間:10:00~17:00 ※入館は16:30まで。 
会場:春日大社国宝殿(奈良県奈良市春日野町160)
料金:一般500円、大高生300円、中小生200円
電話:0742-22-7788
URL:http://www.kasugataisha.or.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ