アマゾン、大阪にロボット式の最新鋭倉庫
2019.4.5 7:00

大手ECサイトのアマゾンが、最新技術を使った物流拠点「茨木フルフィルメントセンター」(大阪府茨木市)を4月から本格稼働。4日、その内部が公開された。

下にもぐって商品の入った黄色い棚を移動させるロボット・ドライブ
下にもぐって商品の入った黄色い棚を移動させるロボット・ドライブ画像一覧

国内2拠点目で関西圏では初となる「アマゾン ロボティクス」を採用した最新鋭の物流センター。商品棚の下に「Drive」というロボットが入り、棚を持ち上げて移動する斬新なユニットで、センターのなかでは規則的に黄色の棚が移動する。

従来は人が移動して棚の商品を集配しているが、これで人は動かずに作業がおこなえるようになるこのシステム。アマゾン合同会社のジェフハヤシダ社長は、「お客さまに、より快適なオンラインショッピング体験を提供したい。そのためには働く人も快適に過ごせる環境がそれにつながる」とコメントした。

棚入れ作業も1カ所で作業でき、軽快におこなえるようになったという
棚入れ作業も1カ所で作業でき、軽快におこなえるようになったという画像一覧

同社ではこのシステムをはじめ、ゆとりある休憩スペースや相談スペース、カフェなど職場環境の快適性を追求。リラックスして仕事ができる環境づくりを目指している。また、地元茨木市との連携もおこなわれ、今後は小学生の施設見学会なども予定する。

取材・文・写真/谷知之

「アマゾン茨木フルフィルメントセンター」

住所:大阪府茨木市松下町2-1
延床面積:約19300坪
本格稼働日:2019年4月
URL:https://www.amazon.co.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ