八尾市コラボ列車、子どもらの絵が車両に
2019.2.5 8:00

大阪・八尾市とJR西日本のコラボラッピング列車が3日、「吹田総合車両所 奈良支所」(奈良市)でメディアに披露され、デザイン受賞者とその家族が記念撮影会をおこなった。

八尾市とJR西のコラボラッピング電車。デザインはプロ・アマ、年齢問わず八尾市在住・通勤・通学者から一般公募された
八尾市とJR西日本のコラボラッピング電車。デザインはプロ・アマ、年齢問わず八尾市在住・通勤・通学者から一般公募された(3日・奈良市内)画像一覧

今回のコラボ電車(201系)は、『大阪府八尾市制施行70周年記念事業』と『おおさか東線全線開通記念』にちなみ、「八尾市の魅力」または「おおさか東線の全開通」をテーマに八尾市在住・通勤・在学者から募集。総応募数99点から最優秀賞1名、優秀賞7名の作品が選出され、最優秀賞作品は列車のヘッドマークに採用、優秀賞作品は全車両の側面にラッピングされた。

実家が八尾市で、今回最優秀賞を受賞した谷畑由美さんは、「趣味で絵を描いていたが、こういった賞をもらうのは初めてで、選ばれたときは泣いてしまった。(作品が電車に使用されたことは)恥ずかしいけれど、うれしい」と笑顔で喜びを語った。

また、優秀賞は子どもの作品も多く、八尾市在住で絵画教室へ通っているという葛目凉子(くずめりょうこ)さん(8歳)は「(今回の受賞は)とてもうれしい」、両親は「久宝寺駅を使うので(今回のラッピング電車を)見に行くと思う」と記念撮影会を家族で楽しんだ。

優秀賞作品は、1車両の側面に7作品全部が並び、6両全てにラッピングされている。手前が葛目凉子さんの(8歳)作品
優秀賞作品は、1車両の側面に7作品全部が並び、6両全てにラッピングされている。手前が葛目凉子さんの(8歳)作品画像一覧

同列車は2月4日から5月頃までの運行予定で、おおさか東線「久宝寺~新大阪」間、関西本線「JRなんば駅~加茂駅」間、和歌山・桜井線「王寺駅~天理駅」間を走行する。

取材・文・写真/いずみゆか

西日本旅客鉄道

URL:http://www.westjr.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ