霜降り明星が優勝、M-1史上最年少
2018.12.2 23:00

漫才日本一決定戦『M-1グランプリ』(ABCテレビ)が2日におこなわれ、霜降り明星が14代目王者に輝いた。

優勝した霜降り明星の決勝戦の様子 ©︎2018 M-1GRANDPRIX、©︎ABCテレビ/吉本興業
優勝した霜降り明星の決勝戦の様子 ©︎2018 M-1GRANDPRIX、©︎ABCテレビ/吉本興業画像一覧

年々注目度を増し、今年のエントリー数4640組のなかから決勝戦に進出したのは、和牛、霜降り明星、ゆにばーす、見取り図、かまいたち、スーパーマラドーナ、ジャルジャル、トム・ブラウン、ギャロップの9組と、敗者復活戦から這い上がったミキ。この10組が激戦を繰り広げ、霜降り明星、和牛、ジャルジャルが最終決戦へ。審査員7人のうち4票(オール巨人、中川家礼二、ナイツ塙、立川志らく)を集め、霜降り明星が優勝した。

2013年結成の霜降り明星。26歳のせいや、25歳の粗品という平成生まれのコンビが、平成最後の王者に。優勝が決まった瞬間、「よっしゃー! やったー!」と大興奮し、抱き合った2人。せいやは「すごい! びっくりしました。一番最年少で。夢みたいです。大学の奨学金もまとめて返します」と叫び、粗品は「母ちゃんと、父ちゃんに・・・」と言葉を詰まらせた。

最終決戦では和牛、ジャルジャルともに大いに会場を盛り上げ、審査員を務めた松本人志は「前半は空気が重かったじゃないですか。けど後半、みんなチームプレーみたいな感じで漫才盛り上げてるのが・・・。俺、おっさんやな。泣きそうになってるわ・・・。ごめんなさい」と感極まった表情を見せた。

ABCテレビ『M-1グランプリ 2018』

放送:2018年12月2日(日)・18:34〜
URL:https://www.m-1gp.com/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ