京阪プレミアムカー、紺色の新車両を導入

2018.11.9 06:00

2020年に登場する3000系プレミアムカーの外観デザイン(イメージ)。基本色である「紺・白・銀」の組み合わせを活かしたデザインに

(写真2枚)

デビュー1周年を迎えた、京阪電気鉄道の有料座席指定特急車両「プレミアムカー」に、新車両が導入。現在の8000系車両に加え、2020年には3000系車両でもサービスが開始される。

8両編成の1両が有料座席指定のプレミアムカー(6号車)、ほかの7両が別料金不要の自由席。これまで8000系車両だけの運行だと特急列車の3本のうち1本はプレミアムカーが連結されておらず、最大で20分待ちが発生したが、3000系車両の導入により、昼間時にはすべての特急列車でプレミアムカーに乗車可能となる。

京阪電鉄の中野道夫代表取締役社長は、「昨年8月のスタートから好評をいただき、平日の乗車率は約6割、休日は約8割となっている。ただ、外国人旅行客の認知度が高くないことや、行楽シーズンに満席ということも多く、今回のサービス拡大によって『待たずに乗れるプレミアムカー』としてより便利に快適に観光を楽しんでいただきたい」と意気込む。導入は2020年度中を予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本