大阪の人気カフェが、京都で紙雑貨店
2018.10.28 8:00

大阪・高槻を拠点に、京都などでカフェを展開する「ROCCA & FRIENDS(以下ロッカ)」。女性に大人気の同店舗が、初めての紙雑貨店を京都の「ロッカ&フレンズ パピエ キョウト(以下パピエ)」の2階にオープンした。

和の空間に並ぶ、紙雑貨
和の空間に並ぶ、紙雑貨画像一覧

今年だけで、ドリンク専門店「ロッカ&フレンズ トラック」、2トーンをテーマにスイーツやフードを展開する「バイツートーン」、サンドイッチ専門店「パピエ」を京都にオープンし、いずれも人気店に。これらをの店舗をすべて手掛けるのが、デザイナーでもあるオーナー・寺本恵里さんだ。

1階では、季節のフルーツサンドやたまごサンド、スムージーなどを楽しめる
1階では、季節のフルーツサンドやたまごサンド、スムージーなどを楽しめる画像一覧

ロゴ、パッケージ、メニューのビジュアルなどをすべてデザイン・構成し、かわいらしさとスタイリッシュさを併せ持つことからも評判。今回の新店のために、京都・日本の情景をテーマにオリジナルの柄を一からデザインしたそう。鴨川を流れる水の音を表現した「オト かもがわ」、紫色の花アヤメをモチーフにした「ハナ あやめいろ」など、ストーリーを込めたビジュアルに。

また、商品名にも日本らしさを活かし、ラッピングペーパーは「つつむ」(Lサイズ1枚518円)、方眼ノートは「まなぶ」(486円)など、「モチーフと商品名を組み合わせて、『オトをまなぶ』といった言葉遊びも楽しんで選んでもらえたら」と寺本さん。

ご祝儀袋の「いわう」、相手に合わせて柄を選びたい
ご祝儀袋の「いわう」、相手に合わせて柄を選びたい画像一覧

サイズ感にも工夫を凝らし、たて型封筒「いれる」はお札を折らずに入れられるサイズにしたり、自身がほしい紙雑貨を実現。現在の一番人気は、若い女性がもらってうれしくなりそうなご祝儀袋「いわう」(918円)だそう。ほかにも折り紙、プレゼントタグ、ぽち袋、レターセットなどがそろい、店主が国内外の旅で見つけてきたアクセサリーや文房具などのスーベニール(お土産)も販売。店へは「パピエ」内の階段で、飲食メニューをオーダーしなくても入店可。営業は午前10時から午後6時まで。

「ROCCA & FRIENDS PAPIER KYOTO(ロッカ&フレンズ パピエ キョウト)」

住所:京都市下京区新釜座町735-2
営業:10:00〜18:00・月曜休
電話:075-744-6688
URL:http://rocca-papier.com

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ