台湾ティーカフェ、8月梅田にオープン

2018.6.27 08:00

ジャスミン グリーンティー、ウーロンティーなど4種の台湾茶をベースにさまざまなカスタマイズができる

(写真2枚)

台湾ティー専門店「ゴンチャ(Gong cha=貢茶)」の関西エリア初の路面店が、大阪・梅田エリアに8月下旬オープンする。

【2018/8/24記事更新】8月24日にオープンした、ゴンチャの梅田茶屋町店

「ゴンチャ」は、2006年に台湾で生まれ、現在国内で15店舗、世界では1400店を展開する台湾ティー専門店。「ゴンチャ」では、ジャスミン グリーンティー、ウーロンティー、ブラックティー、阿里山 ウーロンティーの4種(Sサイズ300円~)をベースに、ミルクやピーチソースなどを選べる。さらに、タピオカやバジルシードなど5種のトッピング、ドリンクの甘さや氷の量まで、さまざまなカスタマイズが楽しめる。

JR大阪駅、各線梅田駅から好アクセス。店舗周辺には商業施設やオフィスビルも集積(店舗イメージ)
JR大阪駅、各線梅田駅から好アクセス。店舗周辺には商業施設やオフィスビルも集積(店舗イメージ)

今回オープンする「ゴンチャ 梅田茶屋町店(仮称)」は、2018年3月にオープンした「天王寺ミオ店」(大阪市天王寺区)に続く2号店。国内店舗はいずれも行列ができるほどで、梅田エリアでも人気になりそうだ。

 

「ゴンチャ 梅田茶屋町店(仮称)」2018年8月下旬オープン

場所:大阪市北区茶屋町12-6 エスパシオン梅田ビル1F

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本