人気の台湾ティー、関西初の路面店
2018.8.24 16:00

タピオカ入りのミルクティーなどが人気の台湾ティー専門店「ゴンチャ」が、8月24日に関西初の路面店となる大阪茶屋町店をオープン。開店前から、カスタム・ドリンクを目当てに行列ができた。

場所は阪急梅田駅から徒歩3〜5分の位置に
場所は阪急梅田駅から徒歩3〜5分の位置に画像一覧

今年、3月に関西1号店を商業施設「天王寺ミオ」(大阪市天王寺区)にオープンし、連日人気となっている同店は、台湾・高雄で2006年に誕生。お茶の種類、トッピング、甘さや氷の量までセレクトでき、自分好みのドリンクをオーダーできるのが魅力だ。

オープンと同時に入店する人々
オープンと同時に入店する人々画像一覧

東京では現在10店舗展開しており、「関西でも、日常的に楽しめるドリンクとして広めていきたいと思っております。そこで、駅が近くて、立地的にも人が集まる梅田の茶屋町エリアでオープンいたしました」と広報担当者。

オープンの1時間前から並んでいた豊中市50代の女性は、「季節のドリンクなどを目当てに、天王寺の店に何度か伺っていて、初めてのお友だちを誘って一緒に来ました。今日はウーロンミルクティーを頼みたいと思います」。そして大阪市50代の女性は、「近所なので来やすいなと思い、せっかくなので王道のブラックミルクティーにします」とメニューを選ぶのも楽しんでいた様子だった。

ブラックミルクティーに、パール(タピオカ)をトッピング。ほかにも、アロエ、ナタデココ、バジルシードなど最大3つまでトッピング可
ブラックミルクティーに、パール(タピオカ)をトッピング。ほかにも、アロエ、ナタデココ、バジルシードなど最大3つまでトッピング可画像一覧

現地の味を再現できるよう、材料はすべて台湾から輸入し、ドリンクはブラックミルクティーSサイズ370円から。店内にはイートイン用のスペースが6席あり、営業は午前10時から午後10時まで。

「ゴンチャ 梅田茶屋町店」

2018年8月24日(金)オープン
住所:大阪市北区茶屋町12-6
営業:10:00〜22:00・不定休

URL:http://www.gongcha.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ