中川晃教「歌は人生だと思います」
2018.6.23 10:00

中川晃教「歌は人生だと思います」

テクニックに裏打ちされた歌唱力と豊かな表現力を持ち、ミュージカル界で唯一無二の存在感を放つ中川晃教。彼が、自身の「30代を代表する作品」と誇るミュージカル『ジャージー・ボーイズ』が2年ぶりに再演、関西で初上演される。同作は、1960年代から全米ポップス界を席巻したヴォーカルグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の成功と挫折の物語を描いた名作。2005年にブロードウェイで開幕して以来12年間のロングランとなり、映画化もされた人気作品だ。ハイトーンボイスが特徴のリード・ボーカル、フランキー・ヴァリを演じる中川に話を訊いた。

取材・文/米満ゆうこ

「いつもボソボソしゃべってると怒られる(笑)」(中川晃教)

──2016年に東京で日本人キャスト版が初演され、全公演完売という人気ぶりでした。当時を振り返ってみて、いかがでしょうか。

日本初演版のフランキー・ヴァリ役を手中に収めるまでのプロセスは、ミュージカルをやってきたなかで初めての経験でした。「中川さんしかできる人がいない」とオファーを受けたものの、デモテープでのオーディションがあり、「えっ、決まった話ではなかったの?」と(笑)。

本作初演で『読売演劇大賞最優秀男優賞』『菊田一夫演劇賞』を獲得。「日本のミュージカル界が少し変わったような瞬間を迎えることができた」と中川
本作初演で『読売演劇大賞最優秀男優賞』『菊田一夫演劇賞』を獲得。「日本のミュージカル界が少し変わったような瞬間を迎えることができた」と中川画像一覧

アメリカのプロデューサーが、ザ・フォー・シーズンズ結成時からのメンバーであるボブ・ゴーディオさんで、彼のOKが出ないとフランキー役はできないからと、3曲のデモテープと歌唱している姿を録画して送りました。でも、その次は6曲に増えて、フランキーの歌声にふさわしい声であるかの審査も・・・。初期から後期へと彼らの音楽性が進化するのに伴って声の出し方も変わるので、発声やそのコントロールも含めてきっちりと審査されました。こういう長い道のりを経て、ようやく合格し、フランキーを演じることになったのが、僕のなかでは一番大きかったですね。

──フランキーは現在84歳で健在ですが、ご本人からアドバイスを受けることはあったのでしょうか。

本物のフランキーからアドバイスを受けることはなかったです。ただ、彼は若いミュージシャンと一緒にコンサートをしていて、フランキーは過去の人ではなく、今なお生きているスターなんだと感じました。

──フランキー役では、トワングという独特の高い声を使った歌唱が印象的でした。

初演に向けてトワングを習得するのに、約1年かかりました。そこから再演まで2年間ありましたが、今でもトレーニングを続けています。初演のときには、ありがたいことに評価をいただきましたが、まだまだだと感じています。その悔しさがあるからこそ、トレーニングを続け、今の表現につながると思っています。そこを見ていただきたいですね。

──トワングはどのようなレッスンをされるのですか。

昨日もボイスレッスンに行ってきたんです。日本語はどうしても口を閉じて口元だけでしゃべり、それでも通じますが、英語は口を大きくあけて、はっきりしゃべって発音しないと通じない。『シェリー』という曲は、『シェェエリー』と発音し、そのぐらい空気を回して、響かせるんです。

──どうやったらあんな声が出るのでしょう。

ちゃんと文字にしてくださいますか?(笑)「シェェーリー♪」(突然、歌い出す)というのは裏声が入っているんです。「シェェーリー♪ シェェリーベイビー♪」(再度、歌う)これは、トワングが入っています。

──トワングを使うと、周りの空気がビリビリと震えてものすごい迫力です。裏声ではそこまでいかないですよね。

そのぐらい違うんです。もちろん喉の筋肉を使うんですけど、このトワングを出すためには、自分のニュートラルなボイスをちゃんとメンテナンスしないといけないんです。基礎的な発声を大切にし、その後は、アスリートと同じで身体が覚えていく。ひたすら訓練です。今ではパッと声が出ますが、初演のときは2週間に1回はボイストレーニングに通っていました。

──そこまで響かせるのが大変そうですね。

チェストボイス(地声に近い歌声)は、あまり声が飛ばないんですよね。自分のセンターの声から調整して声を前後に出していく。かなり技術的なことですが、喉を鳴らして響かせているのではなくて、空気を震わせて響かせる「エアフロー」と呼んでいます。僕はラジオドラマや朗読もしますし、いろんな歌を歌うので、エアフローが役立ちます。これを使うことによって幅が広がっていますね。

──こうやって普通にお話しされている言葉も、よく響いてきますね。

いつもボソボソしゃべっていると怒られるので、今日は気張っています(笑)。

1 2

ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」

日程:2018年10月24日(水)〜28日(日)
会場:新歌舞伎座
料金:S席12000円、A席6000円、特別席14000円
電話:06-7730-2222
チケットは2018年7月7日(土)に発売
URL:https://www.shinkabukiza.co.jp/perf_info/s20181024.html

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ