役所広司「テレビではできないこと」

2017.12.29 20:00

映画『孤狼の血』会見に登場した白石和彌監督、阿部純子、役所広司、柚月裕子(27日・広島市内)

(写真3枚)

ヤクザまがいの刑事を役所広司が演じる映画『孤狼の血』。その記者会見が27日、ロケ地の広島でおこなわれ、役所広司、阿部純子、白石和彌監督、原作者の柚月裕子が登壇した。

原作は、昭和63年の広島を舞台に警察の闇と暴力団の抗争を描いた、『仁義なき戦い』×警察小説と賞された人気小説。その映画化について白石監督は、「東映のプロデューサーの方から、深作欣二監督らが作っていたエネルギーのある映画の勢いや力強さを、今の東映に取り戻したいとお話をいただいて。僕で大丈夫かと思いましたが、そんな監督冥利に尽きる言葉はないと。みなさんの熱量に僕がまず感染して始まった企画です」とコメント。

映画『孤狼の血』の会見に登場した役所広司(中央)、左は女優・阿部純子、右は原作者・柚月裕子(27日・広島市内)

主人公・大上章吾を演じた役所は、「監督の演出なんですが、(大上が)カーッと痰を吐くんですね。ゲーッと思いましたけど(笑)、それはテレビではできないこと。車乗るときもシートベルトはしなくていい、と。そのへんがこの映画の、『やっぱりそうだよな』っていうね。テレビでは問題になるんでしょうけど、それを監督は絶対にしない。男らしい映画ができたと思ってます」と、撮影をふり返った。映画は来年5月に公開される。



映画『孤狼の血』

2018年5月12日(土)公開
監督:白石和彌
出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、ほか
配給:東映

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本