松岡茉優「映像だからこそ表現できた」
2017.12.30 18:00

松岡茉優「映像だからこそ表現できた」

多彩な表情と臨機応変なリアクション。その才能を遺憾なく発揮する女優・松岡茉優が、綿矢りさの小説を原作とした映画『勝手にふるえてろ』で初の主演を果たす。脳内で召還する彼氏イチと、現実に訪れた彼氏二。妄想とリアルの間で暴走する24歳のOL・ヨシカを熱演。映画初主演の松岡と、彼氏二を演じた渡辺大知(黒猫チェルシー)に話を訊きました。

写真/木村正史

「綿矢さんからのお墨付きもいただけた」(松岡茉優)

──松岡さんにとって初めての主演映画『勝手にふるえてろ』ですが、松岡茉優ファンにとっては思いっきりその才能を堪能できる作品となりました。

松岡「ありがとうございます。胸焼けはしませんでしたか(笑)」

──まったく大丈夫です。まずは初主演ということで、どういう面持ちで撮影に挑まれたかをお聞きできれば。

松岡「主演ということより、今回も役と真摯に向き合っていきたいという思いだったんですけど、やっぱり自分がずっと出ずっぱりで、どのシーンでも自分がキモになるというのが、『これ、私が失敗したら、方向性が違っていたら、映画として成立しないのではないか・・・』と、撮りながらだんだん不安になってきて。でも、大九監督が強い意志を持って、主人公・ヨシカを支えてくださったので、その不安は徐々に解消されていきました」

松岡茉優演じる主人公・ヨシカ © 2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会画像一覧

──渡辺さんはロックバンド・黒猫チェルシーのボーカルのほか、俳優、さらには映画監督としても活躍されています。今作では片想い経験しかないヨシカにアプローチする同期の「二」役ですが、それを演じるにあたって、松岡さんとはどんな話をされましたか?

渡辺「役に対しての話とかはしてないですね。言わずとも、お互いにこんな感じで演りたい、どう映画に向き合っているかは、話さずとも伝わってたような気がします。だから、変に気を遣わなかったです。無理なく楽しめる、無理なく悩んだというか」

──監督、スタッフ、そして、松岡さんがそういう状況を作ってくれた?

松岡「いいえ、逆です。私はホントに視野が狭くなっているし、ヨシカとしか向き合えないなかで、渡辺さんが現場の空気を明るくしてくれました。監督ともディスカッションしてくれて、固くなった空気をモミモミしてくれたのは渡辺さんなので」

渡辺「いやいや(笑)」

松岡「っていうけど、ホントにそうで。北村(匠海)くんも無口なタイプだし、私は自分のことで手がいっぱいで、そこに気を配れる感じではなかった。渡辺さんが話しかけてくれたことで、現場の風通しを良くしてくれました。感謝でいっぱいです」

「渡辺さんが現場の空気を明るくしてくれた」と松岡茉優画像一覧

──今回の映画は、綿矢さんの小説が原作となっています。ですが、小説と映画では少し異なるアプローチとなっていますね。

松岡「私はマンガが大好きで、実写化されると『どんな映画になるのかな?』ってチェックするようにしてるんです。以前は、原作を超えるものができるのかと思っていたこともありましたが、自分自身が実写化映画に携わっていくなかで、そんな瞬間もあるなって思うようになっていって。どっちがいいではなくて、どっちもいいんだって」

──ネットでも話題になりますよね、特にマンガ原作の映画の場合。どちらがいいんだって。

松岡「そうです。なので、綿矢さんの小説を好きな方が、私が主演で『自分が好きな綿矢さんの世界観が崩れてるのでは?』って心配されるお気持ちもよくよく分かるんですけど、小説では表現できなかったヨシカ像であったり、映像だからこそ表現できた『勝手にふるえてろ』の熱量もあって。なので、綿矢さんからのお墨付きもいただけたので、自信をもってみなさんにお届けしたいです。今は、綿矢さんの小説が好きな方にこそ、この映画を観ていただきたいなという思いがあります」

1 2

映画『勝手にふるえてろ』

2017年12月23日(土・祝)公開
監督:大九明子
出演:松岡茉優、渡辺大知、石橋杏奈、北村匠海、ほか
配給:ファントム・フィルム
URL:http://furuetero-movie.com

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ