まあるいコンセプトカー、大阪南港に

2017.12.9 07:00

国内外からコンセプトカーが大阪に集まった。写真は「Honda Urban EV Concept」(8日・インテックス大阪)

(写真20枚)

続いて3号館のトヨタのブースには、最も多くのコンセプトカーが登場。人だかりのできた「TOYOTA Concept-愛i」シリーズは、感情認識などで人を理解する技術を備え、ヘッドライトは瞬きまでする。

感情認識などの人を理解する技術を自動運転に活かす「TOYOTA Concept-愛i」
感情認識などの人を理解する技術を自動運転に活かす「TOYOTA Concept-愛i」

ほかには、燃料電池自動車「Fine Comfort Ride」、ハイブリッド・スポーツカー「GR HV SPORTS concept」、SUVテイストのバン「Tj CRUISER」なども。

内燃機関を搭載する理想のクルマ「MAZDA 魁 KAI CONCEPT」
内燃機関を搭載する理想のクルマ「MAZDA 魁 KAI CONCEPT」

また、同じく3号館には、独自路線で環境を考えるマツダブースも。これまで以上に低燃費で環境に優しい新世代ガソリンエンジンを搭載した「MAZDA 魁 KAI CONCEPT」は、美しい流線型のデザインだ。

昭和のクーペを継承した「DN COMPAGNO」。奥が1963年に発売したコンパーノ
昭和のクーペを継承した「DN COMPAGNO」。奥が1963年に発売したコンパーノ

4号館のダイハツブースにもコンパクトSUVやママのための軽自動車など多くのコンセプトカーが。なかでも昭和のクーペを継承した「DN COMPAGNO」、ミゼットの使い勝手を受け継ぐ「DN PRO CARGO」はそれぞれのクラシックカーと展示され、よりデザイン性が引き立つ。

EVと4WD、AIの技術が組み合わさったSUV「MITSUBISHI e-EVOLUCION CONCEPT」
EVと4WD、AIの技術が組み合わさったSUV「MITSUBISHI e-EVOLUCION CONCEPT」

最後の5号館には、自動運転などを導入したスバルの「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」と三菱がEVを導入するSUV「MITSUBISHI e-EVOLUCION CONCEPT」が展示。どの会場にもコンセプトカーがあり、老若男女問わず熱心にカメラに収める姿が見られた。開催は11日まで。

『大阪モーターショー』

日時:2017年12月8日(金)〜11日(月)・9:30〜18:00(8・11日は10:00〜17:00)
会場:インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)
料金:中学生以上1600円、小学生以下無料
電話:06-6233-2220

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本