赤ちゃんパンダ結浜、姉の元へ引っ越し

2017.10.26 08:00

誕生時には197グラムだった体重も、1年で31キロを超えるほどに成長した結浜 写真提供:アドベンチャーワールド

(写真2枚)

和歌山県のテーマパーク「アドベンチャーワールド」(白浜町)で昨年誕生したジャイアントパンダの結浜(メス)。27日、生まれ育った宿舎から同パーク内の希少動物繁殖センター「パンダラブ」へ引っ越して新生活がスタートする。

この日午前9時40分より、双子の姉の桜浜と桃浜(おうひん・とうひん)が暮らす「パンダラブ」へ引っ越して、デビューイベントを開催。引越祝いとしてリボン型の特製氷とネームプレートがプレゼントされる。

プレゼントされるのは「結浜」の名前にちなんだリボン型の氷
プレゼントされるのは「結浜」の名前にちなんだリボン型の氷

群れを作らず単独で生活し、野生下でも1~2歳で母親のもとを離れると言われるジャイアントパンダ。結浜は、10月10日に母親から離れて専用の粉ミルクを飲んでいるが、永久歯が生え揃ってきているため、まもなく竹を食べられるとのこと。公開は開演から夕方5時まで。

「アドベンチャーワールド」

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
電話:0570-06-4481

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本