スカンクなど珍しい赤ちゃん、神戸で公開

2017.8.18 08:00
  • オニオオハシの赤ちゃん。クチバシは実はとても軽く、体内の熱を放出するなど体温調整の役割を担う機能を持っているという
  • 白黒模様がかわいい、シマスカンクの赤ちゃん
  • 生まれたては約8センチ(尾の長さ含めず)、26gだったシマスカンクの赤ちゃん。現在は約18センチ、370gまで成長
  • 仲睦まじいオニオオハシの親子
  • 人工飼育のため、自身をスカンクと認識するのにぬいぐるみを使用している
  • オニオオハシの赤ちゃん。クチバシは実はとても軽く、体内の熱を放出するなど体温調整の役割を担う機能を持っているという
  • 白黒模様がかわいい、シマスカンクの赤ちゃん
  • 生まれたては約8センチ(尾の長さ含めず)、26gだったシマスカンクの赤ちゃん。現在は約18センチ、370gまで成長
  • 仲睦まじいオニオオハシの親子
  • 人工飼育のため、自身をスカンクと認識するのにぬいぐるみを使用している
(写真5枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本