若冲300年の見納めに、初公開作も登場
2016.12.4 16:48

生誕300年を迎え、ますます人気が高まる江戸時代の絵師・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)。今年は全国で数々の展覧会が開催され、その最後を締めくくる展示『特集陳列 生誕300年 伊藤若冲』が「京都国立博物館」(京都市東山区)で12月13日からスタートする。

六歌仙図押絵貼屏風 伊藤若冲筆
六歌仙図押絵貼屏風 伊藤若冲筆画像一覧

水墨画を中心に、昨今の大規模展では展示されなかった作品も交えた28件が集結。作品数は決して多くはないものの、8件が初公開とあって、さまざまな企画展を鑑賞した人にとっても見逃せない内容に。初公開となる珍しい人物モチーフの『六歌仙図押絵貼屏風』、フグとカエルが相撲を取る『蝦蟇河豚(がまふぐ)相撲図』など、シンプルで軽快なタッチながらも、構図と表現力には改めて驚かされるものばかり。花鳥画や緻密な作品を多く描いた若冲だが、ユーモアあふれる作品にもぜひ注目を。2017年1月15日まで。料金は520円ほか。

蝦蟇河豚相撲図 伊藤若冲筆
蝦蟇河豚相撲図 伊藤若冲筆画像一覧

文/浅野はるか

『特集陳列 生誕300年 伊藤若冲』

日程:2016年12月13日(火)~2017年1月15日(日)
時間:9:30~17:00(金・土曜は~20:00)※入館は閉館30分前まで
月曜休(祝日の場合は翌火曜休)
会場:京都国立博物館 平成知新館2F(京都市東山区茶屋町527)
料金:520円、大学生260円、高校生以下及び満18歳未満、満70歳以上無料
電話:075-525-2473
URL:http://www.kyohaku.go.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ