宝塚退団後の夢咲ねねに聞く今の想い
2015.5.27 16:34

宝塚の一時代を築いた星組トップスター・柚希礼音の相手役として、6年間トップ娘役を務めた夢咲ねね。5月10日に退団した彼女が、早くも女優として始動する。7月4日、自身の誕生日に(東京公演が)開幕するミュージカル『サンセット大通り』で、サブヒロインとも言えるベティ・シェーファー役を演じるのだ。

退団後間もない夢咲は、長い髪を切り髪色をダークに染めた。12年間の宝塚生活について、「柚希さんをはじめ、プラスもマイナスもさらけ出せる家族のようなメンバーに出会えたことが宝物です」と振り返る。寂しさはもちろんあるが、大役を果たした充実感からか、その表情はどこか晴れやかだ。「今は少しホッとしています。同期に会ったら『表情が柔らかくなったね』と言われました(笑)」

夢咲ねね
夢咲ねね画像一覧

『サンセット大通り』はアンドリュー・ロイド=ウェバーの音楽で彩られ、歌の比重が非常に高い大作ミュージカル。「ロイド=ウェバーさんの曲は”音符自体が物語っている”と言われますが、急に高くなったり、謎の8分の5拍子という記号まで出てきて、音符から外れたら大変だなって! 一歩歌い遅れると歌えなくなるので、しっかりと歌いこなし、お客様にうっとりして頂けるように頑張ります」

2012年の日本初演では、主役の大女優ノーマを演じた安蘭けいが第38回菊田一夫演劇賞を受賞した。再びノーマを演じる元星組トップスター・安蘭のことを、「とても繊細な心の動きを表現される方で尊敬しています。在団中と同じく温かく接して下さり心強いです」と頼りにしている様子。さらにWキャストでノーマを演じる濱田めぐみについて、「曲ひとつで表現される世界観が広すぎて本当に圧倒されます。おふたりのノーマを稽古場から観させて頂けるなんて、ファン目線になりそうで怖いです(笑)」

ミュージカル『サンセット大通り』
ミュージカル『サンセット大通り』画像一覧

宝塚歌劇時代は、仏発日本初演の『ロミオとジュリエット』、『オーシャンズ11』など大作で次々とヒロインを演じ切った夢咲。「幼い頃からドラマや映画を観るのが大好きで、バレエの発表会でも一幕ものを踊るのが好きでした。やっぱりお芝居が昔から好きだったんだなと思います。宝塚ではよく”感覚人間”と言われました。苦悩する場面でも、自分の悩んでいる感情とうまくリンクして表現できたとき、不思議な達成感がありました」。根っからの女優・夢咲ねねの新たなスタートを見届けて。

取材・文・写真/小野寺亜紀

ミュージカル『サンセット大通り』

日程:7月31日(金)~8月2日(日)
会場:シアターBRAVA!
料金:S席12,600円、A席9,000円、U-25(25歳以下対象)5,000円
電話:06-6377-3800(梅田芸術劇場)
URL:http://www.umegei.com/schedule/448/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。