ファニーなピエロ、安藤裕子

2015.2.24 12:00

kubota_top

「ピエロになりたいなって思ってたんですよ」(安藤裕子)

──で、激動の2011年がやってくる。

そのあたりから、自分の終わりの曲を探している感じが強くて。今回のアルバムに入っている「都会の空を烏が舞う」は、『グッド・バイ』の頃に作ってるんですけど、まさに死がモチーフなんですよ。自分がみすぼらしく朽ちていく様が、自分の中で心地よく感じるときがあって。どこか嘲笑して眺めているような感覚というか。そういう、“終焉の曲”を探していましたね。疲れ切っちゃってたんだろうけど、ダークな時代といえば、ダークですね。『勘違い』とか『グッド・バイ』に収録されている曲は、やさしい曲が多いんですけど、静かに死んでいくみたいな感じになってたしね(笑)。

──そういうダークな時代を経て、今回の『あなたが寝てる間に』でそこから抜けることができた、と?

そうですね。ようやく抜け出るというか。もう、そういう暗いところから抜け出たいと。

──では、今回のアルバムはどこから曲作りを?

まず最初にやったのが、『Live And Let Die』。心も身体もだるい、そこから抜け出したいなという感じがすごくありましたね。で、それを目指して作ったのが『Live And Let Die』で。ディレクターが、ファレルの『Happy』みたいな曲にしようって。3人(安藤裕子、アレンジャー・山本隆二、ディレクター)でプリプロルームで聴く、みたいな(笑)。意外と音数少ないねぇ、とか言いながら。解体して、リズムトラック作って、サビから音を積んで作っていくみたいな。

──いわゆる、私小説的な作り方とは違う?

自分から出てくる言葉だから、最終的にはわたし自身に間違いないんだけど、わたしの中にも表面のわたしと、S状結腸くらい深いところから引っ張ってきたわたしがあって。同じ安藤裕子でも、やっぱり大きな違いがあって。ホント、耳ざわりの良さを中心に制作してました。と言いつつも、とってもシニカルな感じにはなってしまったけど(笑)。

──これをきっかけに曲作りは進んでいったんですか?

そうですね。4曲目『RARA-RO』も「明るい曲作ろうシリーズ」のモードの中で作りましたね。車を運転してたら出てきたんですよ。映画『怪盗グルーの月泥棒』に出てくる、バナナ人間(ミニオン)って分かります? あれがいっぱいスカダンスしながら、わたしに迫ってくるという映像のもと、運転中に曲が浮かんできたんです。バナナがふよふよ迫ってくるイメージだったのに、歌詞の重みもあってか、わりとロックになりましたね。

──全体としてはどうなんですか? アルバム通してのトーンというか。

最後に帳尻あわせをするのはいつも変わらないですね。でね、ジャケット・デザインはいつもわたしの担当なんですけど、その作業のときに、作品全体を俯瞰するんですよ。この前の『グッド・バイ』は、ホントに自分が消え入るような静かさを感じていたし、タイトル通り、このまま辞めてもいいかなって気持ちもどこかにあったんですね。でも今回は、やさしい曲も含めて、曲の輪郭がそれぞれハッキリ見えていたので、その元気の良さをファニーに作りたいなって。ジャケットも、「ファニーなおちゃらけた感じ」が出てると思うんだけど、わりと自分も楽しんでますね。

ando_sub

──その「ファニーなおちゃらけた感じ」って、イコール、安藤裕子ならではのポップさだと思うんですよ。初期の作品では、それが前面に出てましたし。

どうなんだろう。デビューする前に「ピエロでありたい私のために」という詩があったんです。『隣人に光が差すとき』のPVで最後に読んでるんですけど、そう、ピエロになりたいなって思ってたんですよ。曲を作り始めた頃って。辛辣な言葉なんだけど、それを「バカじゃないの?」って茶化したいというか。

──なるほど、茶化したいと。

そう。どこか茶化したいんですね、悲しい曲も。そもそも、そういうスタイルがわたしの根本にあるんですよ。2ndアルバム『Merry Andrew』(2006年)もピエロがテーマだし。ジャケットもタイトルも、道化者みたいな。その後の『shabon songs』も。たしかに、そういう茶化すということが全面にあったんだけど、4thアルバム『chronicle.』(2008年)あたりから、心象に深く入る曲作りが増していきましたね。

──単純に戻ったというわけではないですが、いろんな経験を経て、初期に近い手ざわりのアルバムになったなと。

そうですね、そうそう。だいぶフラットな状態に戻ってはいますね。

──で、アルバムを携えてのツアーも大阪「森ノ宮ピロティホール」を皮切りに、3月からスタートします。約1年半ぶりとなるバンドツアーですが、どうなりそうですか?

わかんない、まだやってないから(笑)。バンドでやるとなると、新たにメンバーを集結する感じなので、みんなでリハを重ねる中で答え探しをしていく感じですね。だから楽しみに待っていてくださいね。

安藤裕子(あんどう・ゆうこ)

2003年にミニアルバム『サリー』でCDデビュー。2005年には「のうぜんかつら(リプライズ)」が日本酒のTVCMソングに起用され、話題に。近年は、TVドラマ・映画への書き下ろし依頼も多く、ニューアルバムには、NHKドラマ10「全力離婚相談」主題歌の「人魚姫」をはじめ、大阪ガス ダブル発電CMソング「レガート」が収録。ソングライティングのほか、ジャケットデザインなどのアートワーク、スタイリングも自身で手掛け、マルチな才能を見せる。 昨年は、大泉洋主演映画『ぶどうのなみだ』で、デビュー以来となるスクリーン出演を果たしヒロイン役をつとめた。

安藤裕子(あんどう・ゆうこ)

安藤裕子『あなたが寝てる間に』
2015年1月28日発売
CTCR-14840
3,240円
カッティングエッジ

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本