『Meets』編集部の余談。

みんなの緊急事態宣言まとめ。配信イベント『Freedom Time – Live Streaming from NOON #01』

2020.5.1 12:58

カテゴリ:街のニュース

#3 関西ライブハウス

配信イベント『Freedom Time – Live Streaming from NOON #01』

5月1日現在、バー&イベント営業を自粛している大阪・梅田『NOON』が、ライブ配信企画[Live Streaming from NOON]を本日スタートする。第一回目の配信は、大阪の老舗パーティー『FREEDOM TIME』が担当する。無料配信で、パソコンやスマホにて視聴できる。


5月1日(金)19:00〜23:00 
『FREEDOM TIME Live Streaming from NOON #01』
DJ/
Yoshihiro Okino (Kyoto Jazz Massive)
Takaharu Furutani (Freedom Lounge)
VJ /
GORAKU

『FREEDOM TIME』は、1996年にスタートし、『NOON』の前身となる『DOWN』時代より続くジャズ/クロスオーヴァー・イベント。 数多くの国内外のDJ/アーティスト, ライブバンド達を招聘し、最先端のジャズ/クロスオーヴァー・ ミュージックを紹介し続けて来た大阪の老舗パーティーだ。

<担当者からのコメント>
初回という事で、カメラワークや映像/音質のクオリティー等々の問題はまだまだ手探り状態でのスタートとなりますが、GWに外出自粛を余儀なくされている皆様に少しでも『FREEDOM TIME』の雰囲気を伝えられればと思っています。外出自粛中ですので、安全確保の為に今回の出演者はDJ2名+VJ1名に絞りました。配信スタッフも最低限の人数、そして無観客での配信になります。

なお、配信画面にてDONATION(投げ銭)システムも導入。(今活動の場所を無くしてしまっているDJ/アーティストへの出演料、そしてNOONの配信運営費等に使用)

▼下記リンクから視聴が可能。

NOON twitch配信アカウント(アプリダウンロード推奨)

https://www.twitch.tv/noon_cafe

DONATIONに関してはサイト内リンクからの”streamlabs”経由と、こちらのアカウントからも可能。

https://streamlabs.com/noon_cafe/v2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • LINE

MeetsRegional編集室 1989年創刊以来(今年で31年目突入!)、関西の街をフォーカスし続けるリージョナル・マガジン。編集部員をはじめ、誌面に携わるさまざまなスタッフが自分の足で探してきた店や人、モノやコトを、私感たっぷりにご紹介。街や酒場の“ゴキゲン”を言い訳に、どうにも飲める(飲み過ぎる)スタッフ多め。現在、「WE♥酒場」をキャッチフレーズに、酒場にまつわるエトセトラを12カ月連続で特集中。毎月1日発売。

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

MeetsRegional編集室 1989年創刊以来(今年で31年目突入!)、関西の街をフォーカスし続けるリージョナル・マガジン。編集部員をはじめ、誌面に携わるさまざまなスタッフが自分の足で探してきた店や人、モノやコトを、私感たっぷりにご紹介。街や酒場の“ゴキゲン”を言い訳に、どうにも飲める(飲み過ぎる)スタッフ多め。現在、「WE♥酒場」をキャッチフレーズに、酒場にまつわるエトセトラを12カ月連続で特集中。毎月1日発売。

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本