ちむどんどん第101回・暢子、従業員に迎えた矢作と働き始める

2022.8.28 08:15

矢作(井之脇海)に沖縄料理を教える暢子(黒島結菜)(C)NHK

(写真2枚)

沖縄・やんばるで生まれ育ったヒロインが、東京で料理人として成長していく連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。「君と僕のイナムドゥチ」と題する第21週(8月29日〜9月2日放送)では、沖縄料理店のオープンを控える暢子の周囲で人間関係が揺れ動いていく。

独立して沖縄料理店「ちむどんどん」を開こうとするヒロイン・暢子(黒島結菜)が、前職場の先輩料理人・矢作(井之脇海)を自分の店の従業員に迎えた第101回(8月29日放送)。間近に控える「ちむどんどん」のオープンに向けて、暢子たちは開店準備を着々と進めていく。

暢子に料理人として雇われた矢作は、初めて取り組む沖縄料理も次々と覚えていき順調な様子をみせる。料理の腕は頼もしい矢作だが、暢子への冷めた態度は変わらずにいた。

一方で、沖縄・やんばるでは、暢子の姉・良子(川口春奈)が給食主任として改革に取り組んでいた。良子は、いよいよ地元の野菜を活かした給食を始めようとするが・・・。

本作は、沖縄本土復帰からの50年間を、ふるさとの沖縄料理に夢をかけるヒロインと個性豊かな家族が支え合いながら歩んでいく物語。放送は、NHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本