ちむどんどん第18週振りかえり・幸せのアンダンスー

2022.8.12 08:15

ウェディングドレスとタキシードに身を包み、笑顔で見つめ合う暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)(C)NHK

(写真5枚)

自然豊かな沖縄北部・やんばる地域で生まれ育ったヒロインが、東京で一人前の料理人になるため奮闘する姿を描く連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。8月13日は「幸せのアンダンスー」と題した第18週(8月8日〜12日放送)を振りかえる。

ヒロイン・暢子(黒島結菜)は、和彦(宮沢氷魚)との披露宴を、勤め先のレストラン「アッラ・フォンターナ(以下、フォンターナ)」で大切な人々を集めて開こうと決意する。

そのためにも、結婚に反対する和彦の母・重子(鈴木保奈美)に認めてもらおうと改めて意気込む暢子だったが、重子の姿勢はゆるがずにいた。次第に自信をなくしていた暢子は、自身を心配して上京してきた姉・良子(川口春奈)に、「和彦と自分は釣り合わない」「(自分との結婚は)和彦くんを不幸にするかもしれない」と弱音をこぼす。

良子からの励ましを受けた暢子は、それでも和彦との結婚を認めてもらおうと、再び「フォンターナ」に重子を招待することに決める。重子にふるまう料理の内容を悩む暢子だったが、オーナーの房子(原田美枝子)からは「おいしくないもの、出しましょう」と驚きの案を受けることになる。

戸惑う暢子に、房子は「料理はおいしいだけじゃない。忘れていた思い出を呼び起こすものである」と、ある「おいしくない料理」の数々を暢子に伝授する。

和彦(宮沢氷魚)の実家を訪ねる良子(川口春奈)(C)NHK

一方で良子は、重子に暢子たちの結婚を認めてもらおうと、ひとりで青柳邸を訪れていた。するとそこに、妹のために一肌脱ごうとする暢子の兄・賢秀(竜星涼)も現れる。突然家に押しかける形で重子との対面を果たした2人だったが、説得を試みるうちにやりとりがヒートアップしていき、重子を呆れさせて終わってしまう。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本