大阪府の新型コロナ陽性者は2万2371人、死亡者は15人

2022.8.4 18:11

大阪府庁(大阪市中央区)

(写真1枚)

大阪府は8月4日、新型コロナウイルスの新規陽性者を2万2371人確認したと発表(うち疑似症812人)。15人が死亡、重症者は8人だった。

この日の検査数は3万9725件で、陽性率は54.3%。世代別では、もっとも多かったのが前日同様に20代で3897人、10代から50代までがそれぞれ2000人を超えている。エリア別では、大阪市が7194人、堺市が1742人、豊中市が1018人、東大阪市が1215人で、そのほかは1000人以下だった。

大阪府ではひっ迫する医療体制に対応すべく、府内に住む20〜49歳で発熱等の症状がある軽症者を対象にオンライン診療や解熱剤等の処方をおこなう「オンライン診療スキーム」の運用を3日からスタート。初日から予約が殺到しており、吉村洋文知事はツイッターで「今後さらに受入枠をどんどん拡大していきます。今は混雑しているのは事実です」と理解を求めた。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本