阪急電車「ミッフィー号」の車内全貌、隠れミッフィーがチラリ…

2022.8.3 20:15

8月3日から運行開始の『ミッフィー号』、シートカラーと見事にマッチ

(写真9枚)

人気絵本キャラクター「ミッフィー」とコラボした「阪急電鉄」(本社:大阪市北区)のラッピング列車『ミッフィー号』が、8月3日から運行を開始。車体はもちろんのこと、車内も絵本に迷い込んだかのようなミッフィーの世界観が広がっており、なかには隠れミッフィーも・・・?

オランダの作者ディック・ブルーナの絵本に登場する主人公「ミッフィー」。2020年に65周年を迎え、子どもの頃に絵本を読んでいた世代から現役の子どもまで、幅広い世代から再注目され人気を博し、今度は「阪急電鉄」のラッピング電車に起用された。

今回のコラボでは「ミッフィー」の持つやさしい世界観と、グリーンやレッドといったテーマカラーが「阪急電車」と絶妙にマッチ。マルーンカラーや緑色のシートとともに、「ミッフィー」のストーリーへの没入感を余すことなく体感できるようになっている。

ミッフィーが描かれた車内案内モニター

ミッフィーシルエットのヘッドマークが目印の『ミッフィー号』の車内には、中吊り・ドア横・貫通路にポスターがずらりと飾られているほか、車内案内モニターに映されたミッフィーが、行き先を案内してくれているような心踊るデザインに。

広報担当者が「新しい企画を楽しんでいただきたいと思い、各沿線違うデザインにしています」というように、宝塚線はミッフィーの形にくり抜いた大きな窓ステッカーから流れる外の景色が楽しめる仕掛けが施され、京都線では連結部横でこちらを見つめるミッフィーやボリスが。

ドアの隅から、ひょっこりと顔を覗かせるミッフィー

また、神戸線では、ドアの端っこからひょっこり顔を出すミッフィーがデザインされていたりと、目立たない場所にも隠れているので、かくれんぼ感覚で探してみて欲しい。

『ミッフィー号』は、神戸線・宝塚線・京都線に各1編成で、運行ダイヤは不定期。ただし当日であれば「交通ご案内センター」で、その日の運行予定を教えてもらえる(変更になることもあり)。運行期間は8月3日から2023年3月30日まで。

取材・文・写真/太田浩子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本