道枝駿佑、地元大阪での舞台挨拶に感動「まさか自分が・・・」

2022.7.29 20:00

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』の初日舞台挨拶に登場した道枝駿佑(なにわ男子)(29日・大阪市内)

(写真3枚)

人気グループ・なにわ男子の道枝駿佑が7月29日、大阪市内でおこなわれた初主演映画『今夜、世界からこの恋が消えても』の舞台挨拶に登場。ヒロインを演じた福本莉子とともに、地元大阪に凱旋した。

同映画は、眠りにつくとその日の記憶が消えてしまう「前向性健忘」を患ったヒロイン・日野真織(福本)と、そんな彼女を献身的に支える同級生・神谷透(道枝)の切ないラブストーリー。原作は作家・一条岬の同名小説で、アジア圏でヒットを記録。メガホンをとったのは、恋愛映画の名手・三木孝浩監督だ。

会場に詰めかけた観客700人と、全国135館に中継された今回の舞台挨拶。道枝は、「初日を迎えられて、みなさんに無事に届けられてうれしく思います」と挨拶し、「(本編を)観るまでは自分でも怖くて不安だったんですが、素敵な作品に巡り合わせてもらったなと感じました。たくさんの方々に支えていただいた作品なので、自分としても一歩成長できたらいいなと思います」と語った。

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』の初日舞台挨拶に登場した道枝駿佑(なにわ男子)と福本莉子(29日・大阪市内)

この日の大阪凱旋は、7月6日に都内でおこなわれた七夕イベントがきっかけ。福本が「映画の初日を大阪で迎えたい」と祈ったことから、2人の地元である大阪での舞台挨拶が実現したという。

道枝は「舞台挨拶を大阪でするのが憧れだったので、このような機会をいただけてうれしいです。僕もよく(会場となった)TOHOシネマズに来ていたので、まさか自分がこの舞台に立てると思ってなかったです」と感慨深い様子を見せた。同映画は7月29日から公開。

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』

2022年7月29日公開
監督:三木孝浩
出演:道枝駿佑(なにわ男子)、福本莉子、ほか
配給:東宝

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本