ランぺやバリボら、「ハイロー」新作の劇中歌5曲が解禁

2022.7.20 19:35

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE『Slam That Down』(C)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 (C)髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

(写真5枚)

THE RAMPAGE×NCT127×BE:FIRSTのアーティストらが共演するクロスオーバー映画『HiGH&LOW THE WORST X(読み:クロス)』。今年4月の情報解禁時にはトレンドの上位をジャックするほど大きな話題となったが、その劇中歌となる5曲が7月20日に発表された。

同映画は、シリーズ累計観客動員556万人・興行収入78億円を突破し、男たちの友情と熱き闘いを描く『HiGH&LOW』シリーズと、累計8000万部突破した不良漫画の金字塔『クローズ・WORST』(原作・高橋ヒロシ)のクロスオーバー映画『HiGH&LOW THE WORST』の続編。

前作から続投するTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬や吉野北人はもちろん、日本でも熱狂的な人気を誇るK-POPグループ・NCT127ののメンバー・YUTAや、オーディション企画で注目を集めたBE:FIRSTのメンバー・RYOKIの出演も決定しており、9月9日の公開を待ち望む声が続出している。

今回解禁された劇中歌は、THE RAMPAGEをはじめ、そのパフォーマー5人からなるヒップホップユニット・MA55IVE THE RAMPAGE、そしてBALLISTIK BOYZ、PSYCHIC FEVER、DEEP SQUADが担当。

THE RAMPAGE『Slam That Down』は、楓士雄(川村壱馬)と氷室(藤原樹)の激しい戦闘シーン、MA55IVE THE RAMPAGE『RIDE OR DIE』は、瀬ノ門工業高校・江罵羅商業高校・鎌坂の三校連合のテーマ曲、BALLISTIK BOYZ『We never die』は、『クローズ・WORST』でお馴染みの鈴蘭男子高校の登場シーンで使用。

劇伴初参加となるPSYCHIC FEVERが担当する『WARRIORS』は、本作のメインのアクションシーンで流れる。そして『Pouring rain』は、三校連合に襲われ、鬼邪高が窮地に立たされるシーンで流れる楽曲で、DEEP SQUADによるバラード曲となっている。

『HiGH&LOW THE WORST X(クロス)』

2022年9月9日(金)全国公開

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本