新大阪駅の「高山堂」が新ブランドに、出来たてバターサンドも

2022.7.21 11:15

米粉のバターサンド(各 324円)

(写真10枚)

JR新大阪駅にある和菓子店「高山堂」(本社:兵庫県西宮市)が、7月25日にリニューアル。米粉を使ったスイーツを販売するブランド「TAKAYAMADO AMATSUGI」を新たにオープンする。

1887年に大阪で創業し、135年に渡って親しまれる老舗和菓子店「高山堂」。現在は兵庫県・西宮市を中心に店舗を構え、「新大阪店」は新幹線の改札前にあることから、関西のお土産に重宝されてきた。

しかしコロナ禍で出張や旅行客が戻りきらず、贈答品を中心とする和菓子から日常的にも楽しめるスイーツにシフトチェンジ。同社から2020年に誕生したブランド「TAKAYAMADO AMATSUGI」を新たに構える。

店頭には、和菓子店らしく米粉と玄米粉をメインにきび砂糖でほろりと仕上げたサブレ生地に、ほうじ茶マロンやイチジクといったフレーバーを加えたバタークリームを挟んだ全7種のバターサンドが並ぶ。さらに、賞味期限10分という、挟みたてのバターサンドが食べられる実演販売もおこなわれる。

価格はそれぞれ324円(ばら売り)。オープンは7月25日で、営業時間は朝10時〜夜8時まで。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本