朝ドラ・真剣な和彦の言葉にも、視聴者混乱「信用できない…」

2022.7.19 20:15

縁側で話し合う暢子たち比嘉家の4きょうだいたち。左から、比嘉歌子(上白石萌歌)、暢子(黒島結菜)、良子(川口春奈)、賢秀(竜星涼)(C)NHK

(写真2枚)

連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)の第72回が7月19日に放送され、暢子たち4兄妹が優子の行動に疑問を持つ一方、和彦は沖縄で遺骨収集をする老人へと取材をしようと試みるシーンが描かれた(以下、ネタバレあり)。

母・優子(仲間由紀恵)に持ち上がった再婚話をきっかけに、やんばるへと久しぶりに帰ったヒロイン・暢子(黒島結菜)。暢子たち兄妹はなかなか家に戻らない優子を待ちながら、これまでにも優子が行き先を告げずにいなくなってしまうことがあったと振りかえる。

そのころ、和彦(宮沢氷魚)は遺骨収集をおこなう嘉手刈(津嘉山正種)への取材のため、沖縄を訪れていた。何も語ろうとしない嘉手刈だったが、和彦の沖縄行きのため協力する田良島(山中崇)や房子(原田美枝子)の話をするうちに、少しずつ態度が柔らかくなっていくのだった。

先週までの恋愛エピソードと打って変わって、沖縄の歴史や優子たちの過去に迫るエピソードが描かれた第72回。戦争についてどうやったら正しく伝えられるのか悩む嘉手刈に対し、「一生かけて考えます。お約束します」と真摯な態度を見せる和彦だったが、この回は暢子に惹かれ婚約者の愛(飯豊まりえ)に曖昧な態度を取り傷つけたエピソードの直後。

SNSでは「なんでこんな大切な話を、和彦最低エピソードの翌週に・・・」「先週までのあれこれを見たあとではどうしても信用できない」「和彦が先週までと別人に見えるんだが」など混乱する人が続出した。

放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第73回では、兄妹に「どこで何をしているか」を問われた優子が、これまで隠していた過去を語り始める。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本