鈴木雅之が大阪公演を生中継、サイサイ・すぅとの共演も決定

2022.7.15 21:15

鈴木雅之(右)と、ゲスト出演するSILENT SIRENのすぅ

(写真1枚)

日本屈指のソウルシンガー・鈴木雅之の全国ツアーファイナルが7月16日、「フェスティバルホール」(大阪市北区)で開催。その模様が「WOWOW」で生中継される。

1980年にシャネルズ(後にラッツ&スターと改名)としてデビューした鈴木雅之。オールディーズをルーツとしたオリジナリティあふれるナンバーと、揃いのタキシード姿でステップを踏みながら歌うパフォーマンスで社会現象的ブームを巻き起こし、『ランナウェイ』『街角トワイライト』『め組のひと』などのヒット曲を世に送り出した。

1986年以降はソロ活動をメインに良質な大人のポップスを展開。「ラブソングの帝王」の呼称にふさわしい大人のダンディズム漂うメロウな歌声と、楽曲に血肉の通った生命を吹き込む圧倒的なボーカルスタイルで、日本のソウルミュージックの礎を築き上げた。

かねてより、多数のドラマやCMタイアップを手掛けてきた彼だが、圧倒的なボーカル力で近年は「アニソン歌手」という新境地を開拓。TikTokで『め組のひと』がフューチャーされ、若者からも熱い注目を集めるなど、円熟を増しながらも常に進化を続ける姿は最高にカッコイイ。

■ 鈴木雅之「すべての『ギフト』が相乗効果を発揮する」

今回のツアーは鈴木のソロデビュー35周年のアニバーサリーツアーであると同時に、鈴木が東日本大震災を機に始動させた「日本のうた」再発見プロジェクト『DISCOVER JAPAN』シリーズの集大成『DISCOVER JAPAN DX』のリリースツアーでもある。

ソロヴォーカリストとして鈴木がこだわり続けてきた、「オリジナルもカヴァーも、それがどんな曲でも鈴木雅之の色に染め上げたい」という思いのもと、昭和を代表する歌謡曲からYOASOBIの『怪物』まで、縦横無尽な選曲で紡ぎ出すツアーのファイナル公演。急きょ『かぐや様は告らせたい』のOP主題歌『GIRI GIRI』でコラボレーションしたすぅ(SILENT SIREN)のゲスト出演も決定した。

この生中継に鈴木は、「まだ声を出してのコール&レスポンスはできないけれど、音楽こそが心のワクチン。拍手や手拍子でみんなと音楽で繋がることができる。35年間で磨いたヴォーカル、昭和・平成・令和の日本のうた、すぅとのコラボ、そして会場とWOWOWの生中継で参加してくれるみんな、そんなすべての『ギフト』が相乗効果を発揮する。きっとそんなステージになるはずですから、ぜひその有終の美を楽しんで見届けてください」とコメント。

放送日時は7月16日・夕方6時からWOWOWライブにて。WOWOWオンデマンドでは、生中継終了翌日から2週間アーカイブ配信あり。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本