映画のなかですか? 「ミニオンルーム3」の完成度が高すぎた

2022.7.16 07:15

劇中のゲームブースに見立てたテレビ台

(写真11枚)

テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」からすぐの「ホテル ユニバーサル ポート」(大阪市此花区)で、映画『怪盗グルーの月泥棒』の世界観を再現した「ミニオンルーム3」が、7月15日から登場している。

小さくてまるまるとしたフォルムがかわいらしいと、世界中で大人気のキャラクター・ミニオン。7月15日に新作映画の公開を控え、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」でも記念イベントが開催されるなどますます盛り上がりを見せている。

同ホテルでは、これまで過去2回に渡ってコラボレーションルームを実施。主要キャラクター・怪盗グルーの邸宅や、グルーのもとで暮らす3姉妹(マーゴ、イディス、アグネス)の部屋を模し、連日満室となるほどの人気に。SNSでは、子どもたちが楽しそうにはしゃぎ回る様子が多数投稿されていた。

第3弾となる今回は、劇中でグルーと3姉妹が距離を縮めるきっかけになった名シーンの舞台である遊園地「スーパー・シリー・ファンランド」を完全再現。6月14日に予約販売を開始し、1時間で約100件の予約が入るなど大きな注目を集めている。

そんな「ミニオンルーム」をさっそく体験。部屋に入るとまずは壁一面に描かれた遊園地のイラストがお出迎え。よく見るとジェットコースターに乗ったミニオンや3姉妹の姿も見つけることができる。そして部屋の奥には、グルーがアグネスのためにユニコーンのぬいぐるみをゲットしたゲームコーナーを模したテレビ台が。端々に景品のぬいぐるみやミニオンが飾られているなど、ファン心をくすぐる演出があちこちに見られる。

完成度が高すぎるジェットコースターを模したベッド

なかでも注目は、劇中で登場するジェットコースター型の2段ベッド。思わず笑ってしまうほどの完成度の高さと、迫力のあるサイズ感に興奮度もマックスに。劇中のキャラクターたちのように、ジェットコースターに乗り込む気持ちでベッドに入ると、映画のシーンに入り込んだようなワクワク感が楽しめる。

ほかにも洗面所のアメニティーケースやティッシュケースまでもがミニオン仕様になっていたり、宿泊者限定のミニオングッズが手に入ったりと、盛り沢山な内容となっている。ファミリーではもちろん、4人それぞれベッドが用意されているので女子会などでも楽しめそうだ。予約はホテル公式サイトにて。1室最大4名までで、料金は朝食付き1人2万1000円~(4名利用時、税・サ込)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本