朝ドラ・愛を励ます姿に称賛、「田良島さん」がトレンド入り

2022.7.4 19:45

心ここにあらずな様子で厨房に立つ暢子(黒島結菜)(C)NHK

(写真3枚)

沖縄育ちのヒロインが料理人として活躍する連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。7月4日に放送された第61回では、自分の恋心に気づいた暢子が動揺するなか、フォンターナで大事件が起こる(以下、ネタバレあり)。

和彦(宮沢氷魚)への恋心に気づいた暢子(黒島結菜)は、動揺のあまり仕事にも支障が出てしまう。一方、家族から結婚を急かされた愛(飯豊まりえ)は、将来をめぐって和彦と衝突する。

一方「フォンターナ」では、矢作(井之脇海)をはじめとする3人の料理人がいきなり辞表を出すという事態に。突然のことに臨時休業もよぎるなか、オーナーの房子(原田美枝子)が「私が厨房に入ります」と宣言するのだった。

職場で愛が結婚と仕事で悩んでいたところに現れ、「ワクワクして夢に向かって頑張る時間。それが幸せってもんじゃないか? 指くわえて待ってても、幸せは訪れない」と、アドバイスを残すデスクの田良島(山中崇)。

優柔不断な態度を見せる和彦とは対照的な田良島の姿勢に、SNSでは「田良島さん、ほんとに愛に期待してるんだよね」「恋愛・結婚を応援するのではなく、仕事を応援してくれる田良島さんがいてくれて良かった!」「田良島さんホンマに良いな・・・」など称賛の言葉で溢れ、ツイッターにトレンド入りした。

放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第62回では、フォンターナが混乱するなか、愛が暢子のもとを訪れる。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本