メルセデス・ベンツの新型電気自動車「EQE」、関西で初披露

2022.7.1 06:45

初披露されたEQEのフロント(6月30日・大阪市内)

(写真11枚)

「日本自動車輸入組合(JAIA)」が6月30日、大阪市内でイベントを開催。輸入電動自動車の普及促進を報道関係者向けにアピールする同イベントで、メルセデス・ベンツの新型電気自動車「EQE」が関西で初めて披露された。

同車は2022年に欧州で発表された、Eクラスにセグメントされるセダン。展示車両の説明には「Mercedes−AMG EQE 53 4MATIC+」と書かれ、型式には「日本未発表モデルのため未定」と紹介されていた。

メルセデス初の100%電気自動車として2019年に発売されたEQC、続くEQAがSUVスタイル。対してセダンに属する同車は、重心が低くどっしりと構えた風貌に加え、スポーティなボディラインが報道陣を魅了していた。

室内も高級感漂う装飾のなか、目をひいたのは大型液晶パネルが全面に組み込まれたダッシュボード。ナビはもちろんスピードメーターなどすべてが1枚のパネルのように施されている。

欧州で発表された欧州仕様と違い、展示されていた車両は右ハンドル。対応した担当者によると、「国内には1〜2台しかないと聞いています。今日のために関東から輸送されてきました」と説明した。発売時期は未定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本