ナンだって!? 神戸在住アーティストが手がけるパンの時計

2022.6.29 22:00

新たに登場した壁掛け時計「NAAAAN time」の新作「トロけるナン」(1万3750円)

(写真3枚)

パン屋で廃棄される「ロスパン」を買い取り、作品として新たな息吹を吹き込む神戸在住のアーティスト・森田優希子さん。そんな彼女が、本物のナンをそのまま使った壁掛け時計「NAAAAN time」の新作を発表した。

2016年、本物のパンをくり抜き、LEDライトを埋め込んだ新発想のインテリアランプ「パンプシェード」の製造販売をおこなうアトリエ「モリタ製パン所」を地元・神戸に起ち上げた森田さん。日本のみならず、北米やヨーロッパ、中国、香港などでも人気で、昨今のSDGsなビジネスモデルとしても注目を集めている。

森田優希子さんの代表作「パンプシェード」

今回発売されたのは、「NAAAAN time」(和名「今、ナン時」)の新作「トロけるナン」。ゆるりとしたフォルムのナンが、ざっくりとした時間を教えてくれるもので、サルバドール・ダリの代表作『記憶の固執』(別名『柔らかい時計』)からインスピレーションを受けたという。もちろん、ナンは本物。特殊な防腐・防カビ加工を施しているため半永久的に使用でき、ひとつひとつ焼き色や形がすべて異なる一点モノだ。

ナンは、兵庫・尼崎市内のネパールカレー屋「アート アンド ネパール」が協力し、ネパール人シェフが本場タンドリー窯で手作りで作成。賞味期限切れとなるロス生地を積極的に活用したアップサイクル製品となっている。価格は、トロけるタイプが1万3750円、フラットタイプが8589円。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本