朝ドラ・和彦の行動に視聴者モヤモヤ「愛ちゃんがかわいそう」

2022.6.28 20:05

和彦(宮沢氷魚)の言葉に動揺する暢子(黒島結菜)(C)NHK

(写真4枚)

沖縄・やんばる地域で生まれたヒロインが東京で料理人として活躍する連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。6月28日に放送された第57回では、和彦と愛が結婚に向けて動き出すなか、智は暢子にとある宣言をする(以下、ネタバレあり)。

和彦(宮沢氷魚)と愛(飯豊まりえ)の結婚話が動き始めたことに動揺するヒロイン・暢子(黒島結菜)。さらに、幼なじみの早苗(高田夏帆)が結婚をするという話を聞いた暢子は、流れで幼なじみの智(前田公輝)が自分のことを好きだったという事実を知り、驚きを隠せない。

そんななか、念願の起業を果たした智は暢子に「死に物狂いで頑張って必ず成功してみせるから、その時はちゃんと俺の話を聞いてくれ」と意味深な言葉を残す。2人の会話を耳にしていた和彦は、次第にモヤモヤした気持ちが募っていくのだった。

6年付き合った愛との結婚話が浮上しているにもかかわらず、暢子と智の関係性を気にする様子を見せる和彦に、SNSでは「和彦はなぜそんな湿度タップリな目で暢子を見てるわけ・・・」「長い間付き合ってるんだもの。愛ちゃんが和彦の気持ちの揺れに気づかないはずないよね」「愛ちゃんも智兄もかわいそう」など、今後の展開に不安を覚える声も多く寄せられた。

放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第58回では、暢子と和彦が口喧嘩をしてしまう。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本