インバウンド再開に期待する大阪市長「観光を盛り上げたい」

2022.5.26 18:30

外国人観光客数の推移(大阪シティ総合研究所による2019年統計データより)

(写真2枚)

大阪市の定例会見が5月26日に実施され、訪日外国人の入国者数が6月に緩和されることに対し、松井一郎市長が「観光産業を盛り上げたい」と期待した。

これまで1日1万人だった入国者数制限を6月から2万人に緩和し、あわせて観光目的での入国もツアー旅行に限り認めるなどの方針を示している政府。

大阪府では2019年にインバウンド観光客が年間約1230万人訪れるなど、コロナ前の市内は多くの観光客で賑わいを見せていた。

今回の緩和について松井市長は、「購買意欲の高い海外の人に日本を楽しんでいただくと同時に、消費していただくことが経済にとって重要。リスクヘッジしながらお客さんに大勢来ていただき、各お店の売り上げがコロナ前に戻るようにしていただきたい」と期待を寄せる。

また2025年『大阪・関西万博』についても、「3年の間に徐々に緩和しながら、万博の頃には世界の人が自由に往来できるようにしてほしい。感染症の分類を2類というよりも5類のインフルエンザ並みにして、コロナ前の対応でいい。そういう形を作っていただきたい」と、さらなる緩和の必要性を求めた。

外国人観光客の受入方針に関しては、岸田文雄首相が近く表明する予定。

取材・文・写真/岡田由佳子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本