借金重ねる比嘉家、SNS心配「合計いくら?」【ちむどんどん】

2022.5.11 19:45

母・優子(仲間由紀恵)と話す暢子(黒島結菜)(C)NHK

(写真5枚)

沖縄に生まれ育ったヒロインと3人の兄妹たちの50年を描いた連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。5月11日放送の第23回では、暢子が東京行きという目標を失い、やりきれない日々を過ごすシーンが描かれた(以下、ネタバレあり)。

兄・賢秀(竜星涼)が詐欺に遭い、これまで以上に経済状況が厳しくなった比嘉家。東京行きを諦めやんばる地域で働くことを決めたヒロイン・暢子(黒島結菜)はもやもやした気持ちを抱え、姉・良子(川口春奈)とも喧嘩になってしまう。

そんななか、大叔父の賢吉(石丸謙二郎)夫妻が優子(仲間由紀恵)に呼び出されて比嘉家にやってくる。勤め先から給料を前借りした優子は、そのお金を借金返済の一部にあてるので、暢子を東京に行かせてやってほしいと頭を下げるのだった。

優子だけでなく、良子(川口春奈)も職場から300ドルを前借りして暢子を東京に行かせようとするシーンが描かれており、「借金を返すために借金てヤバいループに入ってねぇか」「合計いくら借金してるのか。画面に表示してほしいわ」など、比嘉家がさらなる借金を重ねることに不安を覚える人も続出している。

放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第24回では、暢子の東京行きを巡って比嘉家が揺れるなか、家を出た賢秀から手紙が届く。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本