JO1・川西拓実×鶴房汐恩、デビュー2年で見えた互いの強み

2022.5.4 10:15

左からJO1の鶴房汐恩、川西拓実

(写真7枚)

■デビュー当時から言い続けていることを貫けている(鶴房)

『YOLO-konde』では作詞にも挑戦したJO1。「海外の曲の歌詞って伝え方がストレートなんですよね。遠回しなものよりも、まっすぐな歌詞が好きです」と話した鶴房

──デビューから丸2年、昨年は有観客ライブや主演ドラマ、さらにはドキュメンタリー映画公開と、さらにはテレビ出演も増え、ますます活躍の幅が広がってきていますよね。そのなかで何か身についたと感じることはありますか?

鶴房:自分って天才なんじゃないかなって思うときがあります。咄嗟の笑いを作れる自信は徐々についてきましたね。

──芸人さんみたいな答えですね(笑)。

鶴房:ずっと暗い感じもイヤじゃないですか。僕がふざけて、恥ずかしい思いするのはいいんで。恥ずかしくないですし。

川西:かっこいいんか、かっこ悪いんか・・・(苦笑)。

鶴房:カメラがまわっててもなくても、本当に変わらないんで。デビュー前から「『素』でやっていきたい」って言ってたんですけど、今もそれを貫けているっていうのはうれしいことですね。

川西:僕はピーマンが食べられるっていうことに最近気付きましたね。なんか苦手っていう意識があったんですけど・・・。(スタッフさんからツッコミが入る)いや、本当なんです!(笑)。あとは、どんな状況であってもやりたいことを持って、やらないといけないことをがんばるだけで、始めからスタンスはそこまで変わっていないですね。

「季節とか気候とかに、気分も考え方も影響をうけやすいですね」と明かした川西に、「わかります」と鶴房も共感

──2020年のコロナ禍にデビューされ、最初は手探りだったと思うのですが、2年経った今、11人いるメンバーについても理解が深まってきたと思います。お2人の関係性はデビュー当初に比べて変わりましたか?

鶴房:全っ然違いますよ。最初は目とか見なかったですもん(笑)。昨年の3月くらいにメンバーでハマったゲームがあったんですけど、そこでグッと距離が縮まりましたね。最近はバチバチに仲良しです。

川西:最近、初めてプライベートで一緒に出かけたんですよ。汐恩が誰か2人と遊びに行くっていうのがあんまりないんですよね。お互いに1人が好きなんです。

鶴房:メンバーが結構かたまってご飯とか食べたり、にぎやかなんですけど、僕らはあんまり入らずゆっくりしてるタイプですね。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本