実食! ミニストップの「のり弁風」おにぎりがコスパ良し

2022.4.21 12:15

「手巻きおにぎり のり弁風」(108円)

(写真2枚)

おかかと海苔を敷き詰めたご飯の上に、白身魚のフライやちくわの磯辺揚げなどがのったボリューム満点な「のり弁当」。それをおにぎりで再現した「手巻きおにぎり のり弁風」が、4月19日からコンビニ「ミニストップ」で発売されている。その斬新な試みに興味をそそられさっそく食べてみた。

お弁当の定番として多くの人に親しまれている「のり弁当」をおにぎりにした同商品。具材にはちくわの磯辺揚げやきんぴらごぼう、おかかなどが入っており、なかなかボリューミーな内容となっている。

いざ実食!と包みを開けると「のり弁当」の海苔特有のしなしなさはなく、パリッとした食感はおにぎりならでは。中心部分にはかつお出汁が効いたちくわの磯辺揚げがあるが、全体的には甘辛く仕上げたきんぴらごぼうの存在感が強め。とはいえ「のり弁当」を再現しただけに、ごはんと具材の相性はバッチリだ。

味はあくまで「のり弁風」だが、おにぎりにしては具材がたっぷりで食べ応え満点。そのうえ価格は108円とお手頃なので、昼食に重宝しそうだ。全国の「ミニストップ」で発売中。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本