老舗ホテルのレストランがリニューアル、ライブ感に重き

2022.4.18 11:45

食前酒とカナッペを楽しむ「サロンスペース」

(写真5枚)

「リーガロイヤルホテル」(大阪市北区)29階の「レストラン シャンボール」が、4月15日にリニューアルオープン。新シェフが就任し、メニューが刷新される。

同ホテル29階で、地上約100mからの景色と食事が楽しめる「レストラン シャンボール」。今回のリニューアルでは、60席あった座席が24席に変更され、食前酒とカナッペを景色とともに楽しむ「サロンスペース」が設置された。この空間を、総支配人・中川智子氏は「期待感を味わう場所になってほしい」と話す。

今後は、1973年から受け継がれる伝統の調理法やサービスへの「原点回帰」をテーマにしつつ、フランス・パリの三つ星レストランなどで修業をつんできた新シェフ・田中貴典氏による新たな試みも取り入れていく同店。メイン料理を客前で切り分ける「デクパージュ」の演出など、ライブ感にも重きを置くという。

「モリーユ茸を纏わせて焼き上げた京都府産七谷鴨(合鴨)にアスパラガスのコントラスト」

ディナーメニューには、食感が楽しい「淡路島産新玉葱のコンポジション」や、モリーユ茸を使用した「京都府産七谷鴨(合鴨)にアスパラガスのコントラスト」など、食材を活かした料理がラインアップ。「1度利用していただいたことがある方にも、このリニューアルを機に再度ご来店いただければ」と、広報担当者は思いを語った。

営業時間は、ランチが昼12時~2時半、ディナーが夕方5時~夜9時。価格は、ランチが1万2100円~、ディナーが3万円~など。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本