つんく♂、母校の入学式に登壇しエール「僕もまだ情熱の途中」

2022.4.2 21:00

近畿大学の入学式にスペシャルゲストとして登壇したつんく♂(2日・大阪府内)

(写真11枚)

「近畿大学」(大阪府東大阪市)の入学式が2日におこなわれ、音楽プロデューサーで近大OBのつんく♂がスペシャルゲストで登場。約8000人の新入生に向けて激励の言葉を贈った。

今回2年ぶりに母校に訪れたつんく♂は「つんく♂からの新入生最初のゼミナール」と題し、式典内で新入生にとっての初講義をおこなった。講義では、「今日からはじめる近大生がすべきだった4つのこと」をテーマに掲げ、時代感覚の捉え方や学生時代のヒントを大型モニターを使用してわかりやすく紹介した。

講義の後に登壇したつんく♂は「人生は誰のものでもなく、あなたのものです。自分の人生を大切にしてほしい」と語りかけた。続けて、「いちばん大事なことは情熱です。情熱が人生を変え、未来をつくる。僕もまだ情熱の途中。世の中を動かしたい、感動させたいという野望がある。近大生スピリッツとともに一緒に時代を変えていきましょう」と、若人たちの意欲を掻き立てると、ライブコンサートのように会場は熱気に包まれ余韻に浸かった。

閉式後の会見でつんく♂は、近大の魅力について「大阪の大学だが、東京にいてもハワイにいても近大の名前をよく耳にする。そのたびに『俺の母校や』とみんなに自慢できて鼻が高い」と、今年も全国の志願者数トップを維持する母校に顔が綻んでいた。

取材・文・写真/川野学志

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本