1年で… 川栄李奈の英語力にSNS驚き「努力に感動」

2022.4.2 08:45

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』で3代目ヒロイン・ひなたを演じる川栄李奈(2018年撮影)

(写真1枚)

3世代のヒロインたちが100年の物語を紡ぐ連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。3代目ヒロイン・ひなた役を演じる川栄李奈が4月1日に放送された情報番組『あさイチ』に出演し、撮影に関するエピソードを語った。

番組には、ハリウッドから制作チームとして来日したアニー・ヒラカワ役を演じる森山良子もVTRで出演。印象に残ったシーンとして、映画の出演オファーを固く断る虚無蔵(松重豊)を、ひなたと五十嵐(本郷奏多)が説得しようとする第105回(3月30日)の場面を紹介した。

そのシーンでは、ひなたが五十嵐や虚無蔵の言葉をアニーに向けて英語で伝えつつ、アニーの言葉も日本語に訳すという「同時通訳」をおこない、ネットでも「ひなた、すごい。同時通訳している」「同時通訳まで出来るなんてレベル高すぎ・・・」「川栄ちゃん英語すごくない!?」といった声が寄せられていた。

森山は撮影時を振りかえりつつ、「最初のリハーサルから1度もよどみなく全部をしっかりと伝えていくっていう。1回も間違えないんですね。ずっと『すごいすごい!』と思うくらい、迫力がありました」と、川栄を絶賛。

司会の博多大吉に「どうやってあのシーンを覚えたんですか?」と聞かれると、川栄は「ひたすら書いて、暗記して、先生にレッスンしてもらって」と猛練習したことを明かした。

さらに、スタジオには川栄が練習に使用していたというノートが登場。英語経験がほとんど無い状態から特訓を重ね、1年ほどのレッスンで流暢な発音を身につけたことが明かされた。おバカキャラのイメージがあった川栄だけに、SNSでは「川栄ちゃんの努力に感動」「英語めちゃくちゃ頑張ったんだな・・・」など驚く声が続出した。

『カムカムエヴリバディ』はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。最終週となる第23週では「2003ー2025」と題し、岡山でのクリスマスフェスティバルがひなたたち家族の運命を動かしていく。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本