関西初のサダハルアオキ常設店が誕生、京素材の限定スイーツも

2022.4.2 14:15

「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の「烏丸御池店」限定メニュー

(写真6枚)

色とりどりの「ボンボンショコラ」や「マカロン」が看板商品のフランス発の有名パティスリー「サダハル・アオキ・パリ」。関西初となる常設店が京都の烏丸御池に4月1日に誕生した。

日本人パティシエ青木定治がパリで立ち上げた同ブランドは、現在は東京を中心に全8店舗構えており、今回はその9店舗目が京都にオープン。これまで関西に常設店はなかったものの、バレンタインなどの催事販売では関西にも出店しており、毎度多くの人が列を成し即日完売も見受けられるほどであった。

店頭には、人気のマカロンやケーキなどをはじめ、烏丸御池店限定のスイーツも販売されており、宇治の抹茶を使用した「エクレール マッチャ ウジ」(529円)や丹波の大納言小豆をパイ生地でサンドした「ミルフォイユ ダイナゴン オ マッチャ」(918円)、またフランス店舗で定番のタルトユズに京都産「水尾」の柚子を使用した「タルト ユズ ミズオ」(810円)など、京都ならではの素材を使った全6種がスタンバイ。

場所は同じく1日に開業を迎えたホテル「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 京都」の1階。営業は朝10時〜夜7時。

「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」烏丸御池店

住所:京都府京都市中京区東洞院通御池上ル船屋町420
営業:10:00〜19:00

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本